【お悩み相談】焼肉屋でグルテンフリーの料理を提供することについて

先日、ブログを読んでくれた方からご相談のメールをいただきました。

ご本人の許可がいただけたので、記事内で回答できればと思います

【お悩み相談】焼肉屋でグルテンフリーの料理を提供することについて

あんグルさん

はじめまして。
突然のメール失礼いたします。

大阪で焼肉店を経営させていただいているのですが、最近海外のお客様から(特に欧米)グルテンフリーの問い合わせが増えております。市販されているグルテンフリー調味料をお客様にご用意してもいいものか周りに聞ける人がおらず悩んでおりました。もしご存知でしたらお知恵を共有していただければと思っております。

焼肉屋なの普段は『たれ』をお出しするのですがグルテンフリーのお客様にはタレの代わりに数種類の塩を用意して提供しております。

今後
・キッコーマンのえんどう豆醤油(グルテンフリー、大豆小麦不使用)
・千葉醤油株式会社 大豆、小麦を一切使用しない醤油
・いちびき 小麦を使わない醤油
・にんべん 四穀ポン酢
・にんべん 四穀白出汁
を使用しお客様にご用意しようと考えております。

にんべんの商材、
ポン酢はサラダ
白出汁はスープで使用できるかどうかと思っておりました。

初めての試みでもありお客様の命に係わる事でもあると思うので
慎重に進めております。

ご意見お願いいたします。

【回答】グルテンフリーの焼肉屋さんはとっても喜ばれると思います

グルテンフリーの食事制限がある人は、基本的にとても外食のオプションが少ないです。

なので、そのオプションが増えることは嬉しいことですし、グルテンフリー人口の多い海外からのお客様にはとても喜ばれると思います。

ここからの回答は、グルテンフリーを実践しているセリアック患者としての見解になります。

あくまでも一個人のアドバイスとして、お読みいただけると嬉しいです。

まず第一に、グルテンフリーと一言でいっても、どれだけ厳密にグルテンをカットしているかには個人差があります

病気でグルテンを全く受け付けない人もいれば、ダイエット目的でグルテンフリーをしているので体質的には食べられる人もいる。

どこに標準を置くかで対応も変わってきますが、「命に関わる」と書かれているので、アレルギーがある人でも食べられるものをという理解で、書かせていただきますね。

基本的に、市販のグルテンフリーと銘打たれている調味料を使うことは問題ないと思っています。

私もイチビキの醤油は使っていますし、小麦アレルギーの人でも同じものを使っている人はたくさんいます。

それよりも私が少し気になったのは、調理環境です。

トングやお箸、お肉の焼き台などは使い回しになるのではないかなと想像しています。

焼き台などの調理器具の洗浄は可能ですか?

調理場で小麦を含む食材が、グルテンフリーとして出すメニューに混入する可能性はありますか?

必ずしも全てを新品で揃える必要はないし、隔離して調理する必要があるというわけではありませんが、少なくとも情報の開示はした方がいいとは個人的に思います。

ご参考までに、びっくりドンキーでもアレルギー対応のハンバーグがあるのですが、下記のような注意書きがあります。

  • このハンバーグは湯煎して提供します。グリドルでは焼成しておりません。
  • びっくりドンキー内で洗浄された器具・食器を使用します。
  • 調理過程でのアレルギー物質の二次混入の可能性を全て防ぐことはできません。
  • こちらの商品には「はちみつ」を使用しています。
  • こちらのハンバーグへの「トッピング」は、商品の特性上お断りしております。ご了承ください。
  • お客様の症状の程度・体調により、アレルギー物質の微量な混入でも発症する場合がございます。過敏な方・症状が重篤な方はご注意ください。
  • こちらの商品は提供に20分以上お時間を頂戴いたします。

注意書きを読んで問題なしと判断する人は注文するだろうし、混入(コンタミネーション)の心配があるなら避けようと思う人は他を当たるはずです。

グルテンフリーを実践する当事者としては、一番欲しいのは整理された正しい情報になります。

その情報を受け取った上でどうするかは、もうお客様に任せてしまえばいいのではないでしょうか?

ちなみにですが、記載されている「にんべん」の調味料は個人的には使っていないのですが、醸造酢が使われているようです。

醸造酢には大麦由来のものもありますが、大麦は特定原材料に含まれないのでアレルゲンとしての表示義務がありません。

でも大麦にもグルテンは含まれているので、もし「にんべん」の商品を検討されているのなら、製造元に醸造酢の原材料を確認されることをオススメします。

あと蛇足かもしれませんが、レストランでお店の人が調味料自体を見せてくれると個人的にはとても嬉しいです。

やっぱり自分の目で原材料を確認すると安心感も違うので、もし可能なら調味料の翻訳を添えてお客様にお見せすると、お店側の本気度が伝わっていいと思います。

もしよろしければご検討いただけると嬉しいです。

それでは、グルテンフリーを実践するものとして、グルテンフリーの導入をご検討くださりありがとうございます。

ぜひうまくいくことを祈っています(^^)

スポンサーリンク