グルテンフリーについて

グルテンフリーは「おしゃれダイエット」じゃなくて死活問題的な話

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
今日はグルテンフリーの偏見についてだよ。

数ヶ月前アメリカで放送されたコマーシャルが、小麦アレルギーやセリアックの人たちの間で大炎上しました。

問題のコマーシャルは、スポーツ観戦をするために自宅でパーティを準備している女性が、大量のお菓子の横にチョコンとグルテンフリーのお菓子を用意するという内容。

中間の掛け合いは割愛して結論に飛びますが、コマーシャルの最後でもう一人の女性がグルテンフリーを「キモイ」と形容します。

これを見たアメリカのセリアックコミュニティーをはじめとするグルテンフリーの人たちは、もちろん大反発。

コマーシャルを作成した会社は、動画を削除して謝罪コメントを発表したうえで、セリアックの振興団体に寄付をすることで事態の収拾を図りました。

ヨネキチ
ヨネキチ
グルテンフリーは、ただのおしゃれダイエットじゃないのに(泣)

グルテンフリーの人がキモイってどういうこと?

ネットの掲示板などを見ると、食物アレルギーを食わず嫌いだと解釈する人に、「善意」でアレルゲンを料理に混入されたことがあるという投稿をちらほら見ます。

食べさせる方は、「食わず嫌いを克服させた私」と勝ち誇りたいのかもしれませんが、微量の摂取でも最悪死に至る可能性があるのが、食物アレルギーです

実際、投稿主の中には「呼吸困難になった」、「救急車で搬送された」等の記述もあります。

お医者さん監修のもと、少しずつアレルゲンを摂取して慣らしていくという療法もありますが、これは素人が勝手にやっていいものではありません。

数は多くはないものの、毎年アレルギー反応で死者も出ている現状をみても、食物アレルギーは決して軽く見ていいものじゃないはずです。

アレルギー反応の度合いは人それぞれで最悪死に至る可能性あり

セリアックは小麦アレルギーとは違い、呼吸困難などの症状が出ることはありません。

それでも、毎日毎日気を使って食事をしています。

出先で散々歩き回った挙句、食べられるレストランが見つけられなくてお腹を空かせて家に帰ったこともあります。

自分もお腹がペコペコなのに、子供がぐずるから入ったレストランで食べられるものが何もなくて、飲み物で空腹をごまかしたこともあります。

食物アレルギーもセリアックも、わがままじゃない。

なりたくてなってるわけでもないし、もちろん食わず嫌いや偏食とも違います。

グルテンフリーは、私たちが生きていく上での必須条件になります。

家族や周りの人を巻き込んでいることに、引け目も感じているし申し訳なさも感じてるんです。

つまり何が言いたいかというと

炎上した先ほどのコマーシャルも、発案・企画・製作・承認と、大勢の人の関与がありながら、全国放送までたどり着いているはず。

そのどの段階でも、「これってやめといた方がいいんじゃない?」という感覚のある人がいなかった事実。

当事者の一人なので、声高に「配慮して!」とは言いにくいですが、アレルギーもセリアックも何歳になっても発症する可能性があります。

つまり…

ヨシオ
ヨシオ
他人事じゃない、ぞ。

実際、私は大人になってからセリアックの診断を受けているため、それまでは普通にパンもパスタも食べていました。

当事者にならなければ本当の意味ではわからなくても、想像力を働かせてお互いに優しくなれる世の中になればいいのにな、なんて思ったりする今日この頃です。

ヨネキチ
ヨネキチ
セリアックの観点から、こんな記事も書いてるよ↓
グルテンフリーの食品・加工品を知って、もっと「食べる」を楽しもう!こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 小麦アレルギーやセリアック病、または美容目的など理由は人それぞれだと思い...
グルテンって何?グルテンフリーダイエットの意味と誤解についてこんにちは。 セリアックという病気のヨネキチです。 海外のセレブやアスリートが「グルテンフリーダイエット」 をしたこ...
アレルギー成分表示は間違いだらけ?セリアックや食物アレルギーの人ができる自衛策こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 アレルギーの子供が増えているせいか、日本でもレストラン等でアレルギー成分の表示を...
ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »