セリアックについて

グルテンフリーになって体調はどう変わったか?セリアックと過敏性腸症候群【前半】

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
ローマは一日にして成らず。目指そう、健康体!

グルテンフリーの生活には慣れましたか?

私は、グルテンフリーライフになって7年?8年?くらい経ちました。

行けるレストランもだんだんわかってきたし、自炊すればほとんどのものは食べられます。

どうしても食べられないものは、諦めの境地に達しているので、食べられなくてもあまり辛くないですw。

今日の記事は、主観オンリーになりますが、自分の体調がどのように変わったかについて書きたいと思います。

誰かの希望の星になれるのか?

落胆の原因になってしまうのか?

どちらにせよ、セリアック病やグルテン不耐性の人の参考にはなると思うので

ヨシオ
ヨシオ
読んでみてくれ、だぞ٩( ‘ω’ )و

グルテンフリーになる前は過敏性腸症候群でお腹が痛い毎日

セリアック病と診断されたのは29歳の頃。

ただ、きっと発症はずっと前からだったんだろうなとは思います。

思い出せる症状だけでも

「あ、これセリアックの症状だ」

というのが10代の頃から色々ありました。

一番悩まされたのがお腹の不調なのですが、腸は第二の脳と言われるくらい大事な臓器で、ここが不健康だと人生詰んだと思うくらい辛くなります。

本当に。

高校生の頃は毎日お腹が痛くて、そしてお腹が痛いのがストレスでさらにお腹が痛くなるという、どんだけ罰ゲー!?という負のループに陥っていました。

いろいろなお医者さんに行って精密検査もしたし、民間療法的な治療もためしたけど効果はないし、結局つく診断は「過敏性腸症候群」ばかり。

「過敏性腸症候群」って、他に該当する病気が分からないからとりあえずつけとけ、みたいなものだと理解しています。

対処療法で乳酸菌とか飲んでも効かないし、どうすればいい?

お腹が痛くなるのは、何かを食べるから。

じゃあ食べなきゃいいじゃん!

というロジックで、出かける日は1日絶食とかしてました。

帰宅してからどか食いして、胃腸に負担をかけて次の日またお腹が痛くなって、同じことを繰り返すという(汗)

ちなみに毎日お腹が痛い人のマインドはこんな感じです↓

  • とりあえず外に出たくない
  • とりあえず人に会いたくない
  • どうしても外に出るなら絶食する
  • 常にトイレの位置が気になる
  • 食べ物はお腹が痛くなる原因なので、敵認定

人生灰色でした…

あなたはセリアック病です、と言われました

灰色人生と言いつつも、ポンコツなお腹を抱えて大学も卒業して就職もしました。

自分頑張ったと思いますw。

長年自分の体と付き合っていると、だんだんクセも見えてくるし、お腹が痛いことに慣れてくるので、それなりに普通の生活を送れるようになります。

人生フルに楽しめないけどなんとか生活できてるから、こんな感じで残りの人生過ごすのかなと諦めていた頃に、医師のお告げが下されました。

「あなたはセリアック病です」

いろいろあって、グルテンフリーを始めるのは診断の少し後になりましたが、ここから私の胃腸回復の旅が始まりました。

ヨネキチ
ヨネキチ
おっと、もう直ぐ夜中だからそろそろ寝るね。続きはまた明日〜。

突然ですが、というわけで今日中には書ききれなさそうなので、また明日後半編を書きたいと思います。

無駄に引っ張ってるわけではなくて、本当にねむいのですw。

それではみなさま、お休みなさい。

↓後半編書きました↓

グルテンフリーになって体調はどう変わったか?セリアックと過敏性腸症候群【後半】おはようございます。 昨日寝落ちして記事を完成できなかった、セリアック病のヨネキチです。 昨日の記事では、グルテンフ...
ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »