グルテンフリーについて

小麦アレルギー・セリアックが家庭内でグルテン混入を避ける方法5選

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
家庭でグルテンが混入しやすいところってどこだと思う?

グルテンフリーを実践している人は、基本的に自炊をすることが多いと思います。

自炊をすれば原材料や調理環境に注意することができるから、安心ですよね。

でも家族がグルテンフリーをしていない場合、家庭でもうっかりグルテンを摂取してしまう危険性はゼロではありません。

我が家はセリアック病の私がグルテンフリーをしていますが、家族は小麦製品を食べます。

家庭内で間違えてグルテンを摂取しないために私が気をつけていること。

今日はちょっと見過ごされがちな、家庭内でのコンタミネーション(混入)について記事にしたいと思います。

ヨシオ
ヨシオ
少量のグルテンなら平気!という人には当てはまらないかも、だぞ٩( ‘ω’ )و

家庭内での小麦グルテン混入①:トースター

おいしいグルテンフリーの米粉パン。

米粉パンはトーストするタイプが多いので、食べる時はトースターで焼いてから食べています。

ここで気をつけないといけないのが、トースター内でのコンタミネーション。

ポップアップ式のトースターを使いたい場合は、コンタミを防ぐのが難しいので、自分専用のものを買ったほうがいいかもしれません。

普通のオーブン式トースターも、網に直にパンを置いてしまうと、家族の小麦パンのクズが残っていたりするので危険。

我が家では、わたしがトースターを使う際には必ずアルミホイルを敷いてコンタミを防ぐようにしています。

さすがにオーブントースターを二台買うというのは、スペースがないので非現実的。

でもアルミホイルなら、安くて手軽に続けられるので、おすすめです。

家庭内での小麦グルテン混入②:まな板

普段何気なく使っているまな板も、実はコンタミが起こりやすい場所の一つです。

まな板にも色々な種類がありますが、一番注意しなければいけないのが、傷のつきやすい木のまな板。

傷の中にグルテンが入り込んでしまう可能性があるため、我が家の木のまな板はグルテンフリー専用です。

でも木のまな板よりは洗浄しやすいプラスチック製のものは、家族と共有にしているなど、材質によって使い分けています。

家庭内での小麦グルテン混入③:バター等

意外に盲点なのがバターやジャムなど、パンに塗る食品類。

小麦パンクズがついたバターナイフでバターに触ると、一発でグルテン混入になってしまいます。

試しに誰もグルテンフリーをしていない実家のバターを見てみたら、見事にパンクズらしいものがついていました…

なので家族が小麦パンを食べる時は、パンクズがつかないように注意しながらバターを使ってもらう必要があります。

心配なら自分専用のバターを用意するというのも一つの手。

我が家は家族と共有のバターを使っていますが、バターナイフは絶対パンにつけないで使うという暗黙のルールがあります。

家庭内での小麦グルテン混入④:小麦粉の飛散

たとえ自分が食べる料理に使われていなくても、同じキッチンで小麦粉を使用する場合は注意が必要です。

コンタミネーションとは?アレルゲン混入を防ぐ3つの方法」の記事でも触れましたが、小麦粉をふるうと半径4メートルの位置でも小麦粉が検出されるとのこと。

パン屋さんに入っただけで反応してしまう小麦アレルギーの人もいる、という話を聞いたことがあるので、小麦粉の飛散はバカにできません。

家庭内で小麦粉を使用する場合は、終わった後に念入りに洗浄をしてコンタミを防いだほうが良さそうです。

ヨネキチ
ヨネキチ
ちなみにヨネキチの家は小麦粉持ち込み禁止。米粉しかないよ。

家庭内での小麦グルテン混入⑤:木の食器

まな板と同じ要領で、木の器やスプーンなども少し気をつけたほうがいい場所になります。

ステンレスは洗えばきれいになりますが、木のように傷がつきやすいものに関しては完全にグルテンを洗い流せるかが微妙。

グルテンフリーをどこまで厳密にするかは人それぞれですが、もし心配なようであれば木の食器は使わないか、自分専用のものを用意したほうがいいかもしれません。

わたしはそこまで敏感に反応はしないとは思いますが、木の食器に関しては自分専用のものを確保。

遅延性のセリアックだと、症状が出た時の原因特定が難しい場合が多いので(少なくとも私は)できるだけ原因になりそうなものを無くす努力をしています。

家庭内でのグルテン混入を避ける方法まとめ

  • トースターを使うときはアルミホイルをしく
  • まな板は材質によって、グルテンフリー専用のものを用意する
  • バターやジャムなどを家族と一緒に使うときは気をつける
  • 小麦粉は飛散するのでキッチンの洗浄は念入りに
  • 木の食器は傷つきやすいのでグルテンが洗い流せない可能性がある

以上が、セリアックの私が実践している、小麦グルテン混入を避ける方法5選になります。

「そこまで神経質にならなくても…」

という部分もあるかもしれませんが、人によってグルテンへの反応の仕方や、反応が出るしきい値もバラバラ。

この記事が、ご自身にとって「正解」のグルテンフリーに近づくヒントになれば嬉しいです。

ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »