06:グルテンフリーを始めるのに必要な5つの基本食品

小麦や大麦などを食べない「グルテンフリー」という食生活。

たくさんの有名セレブが実践しているということもあり、意識が高い人のライフスタイルと思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

材料さえ揃えてしまえば普通の料理とあまり変わらないので、この章では実際にグルテンフリーをするために必要なアイテムについてお伝えしていきます。

最低限これさえあればなんとかなる、というグルテンフリー食品はたったの5つです。

グルテンフリーで必要なもの:お米

グルテンフリーの食生活で大活躍するのがお米です。

白米、胚芽米、発芽玄米、玄米などのお米は全てグルテンフリー。

ただし「雑穀米」の中には大麦を含むものもあるので、その点はご注意ください。

どのスーパーでも簡単に手に入れることができるので、まずは主食をお米に変えるところからグルテンフリーを始めてみてはいかがでしょうか。

グルテンフリーで必要なもの:米粉

同じくお米からできる上新粉、白玉粉、もち粉もグルテンフリー

お米つながりでもう一つ。

「米粉」もグルテンフリーをする上での必須アイテムになります。

小麦粉の代用としてケーキ、お好み焼き、カレーのとろみ付けに大活躍。

大きめのスーパーで買えるので、米粉も比較的手に入れやすいグルテンフリー商品の一つです。

米粉のミックス粉もたくさんあるので、是非いろいろ試してみてくださいね。

グルテンフリーで必要なもの:おしょうゆ

和食がグルテンフリーにならないのは、主におしょうゆに小麦が使われているからです。

言い換えれば、おしょうゆさえクリアしてしまえば食の幅もグンと広がるので、ぜひグルテンフリーのおしょうゆを常備しましょう。

お値段は少し高くなりますが、味も使い方も普通のおしょうゆとあまり変わりません。

ただおしょうゆが作られる過程でグルテンは分解されるとの見解もあるため、おしょうゆを除去するかどうかは考え方次第になります。

グルテンフリーで必要なもの:ダシ

おいしい料理はダシが命。

かつお節や昆布自体はグルテンフリーですが、顆粒だしを使う場合は小麦成分を含むものもあるので注意が必要になります。

値段の高いものほど素材のみを原材料に使う傾向があるので、ネットや専門店でお気に入りを探してみるのもおすすめです。

洋風だしや和風だしなどいろいろな商品があるので、あなた好みのダシをぜひ見つけてみてくださいね。

グルテンフリーで必要なもの:お味噌


おしょうゆに次いで、日本食では欠かせない調味料の「お味噌」

汁物や味噌焼きなど活躍の場面も多いお味噌ですが、麦味噌には大麦が使われているため、グルテンフリーにはなりません。

ただ、麦を使わない米味噌も一般的なので、比較的簡単にグルテンフリーのものも手に入れられるはずです。

大麦は特定原材料としての表示義務がないので、原材料のラベルは丁寧に確認しましょう。

まとめ

普通の料理もグルテンフリーも、大事なのは手ぎわに慣れることです。

無理のない範囲で、でも安全に。

以上がおいしいグルテンフリーライフに必要なアイテムのご紹介でした。

さて、次の章は原材料のラベルを確認するときに必要な知識についての特集になります。

小麦不使用の食品がグルテンフリーにならない理由は何なのでしょうか。

関連記事

  1. 10:グルテンフリー必須の小麦アレルギー・セリアック・グルテン不耐性の違いについて

  2. 09:グルテンフリー、グルテン不使用、低グルテン、ノングルテンの違いとは?図解つき

  3. 08:おしょうゆがグルテンフリーと言われても、除去を続けるべき理由

  4. 07:小麦不使用がグルテンフリーにならない理由とアレルギー表示の落とし穴

  5. 05:グルテンフリー傾向のお酒とビールのまとめ

  6. 04:何が食べられる?グルテンフリーの傾向がわかる食品リスト