グルテンフリーのドーナツが買えるお店フェーヴ | セリアックおすすめのスイーツ情報

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ

今日はおいしいドーナツについての記事だよ。

グルテンフリーのドーナツを求めて、先日意識高い系のお店に行ってきました。

ご紹介するのは「Feve自由が丘」という、お豆のスイーツ専門店の小麦不使用ドーナツです。

グルテンフリーのドーナツを求めてお豆の店へ

今回お邪魔したFeveというお店は、パティシエの辻口博啓さんという方がプロデュースしている、お豆スイーツブランドです。

どこかでみたことがある名前だなと思ったら、この人でした↓

自由が丘に本店があるフェーヴでは、小麦不使用のドーナツが売られています。

普通のドーナツは揚げているものが多いですが、こちらのドーナツは「大豆粉をベースに、米糀や酵素の力でしっとり、ふっくらと上品な味わいに焼き上げ」ているとのこと。

食べた瞬間アーモンドと洋酒の香りがやさしく口に広がり、しっとりしていて、ドーナツというよりもマドレーヌを食べている感じでとっても上品なおいしさです。

ヨネキチ

米粉特有のもっちり感は少ないので、山芋がふんわり仕上げてくれているのかな?

グルテンフリーか本社に問い合わせてみた

お豆専門店だけあって、使われているのは大豆粉ととアーモンドパウダーでした。

原材料:アーモンドパウダー、大豆粉ミックス(大豆粉、砂糖、澱粉、米こうじ粉末、山芋粉末、ヨーグルト粉末)、マーガリン、白餡、砂糖、豆乳、牛乳、洋酒、膨張剤、バニラ香料、トレハロース(原材料の一部に乳、卵、大豆、山芋を含む)

原材料に小麦粉の表示はありませんが、グルテンフリーなのか気になったので、本社にメールで問い合わせてみました。

速攻で戻ってきた本社の回答は、同じ施設内で小麦を扱っていることからコンタミネーションの可能性は否定できないため、心配な人は避けたほうがいいとのことでした。

グルテンフリードーナツの問題点

とってもおいしいこのドーナツですが、グルテンフリー(除去食)特有の問題が一つ。

それは需要が少ない分、値段がどうしても少し高めになってしまうということ。

例えばミスドのドーナツが108円なのに対して、フェーヴの小麦不使用ドーナツは162円。

大きさはミスドが50%増しくらいな感じなので、それを考えると、お値段は普通の二倍くらいでしょうか?

また、サイトを見た限り、都内に7か所しかないこちらのお店はアクセスも限られてしまいます。

買いやすさと値段はグルテンフリーの永遠の課題ですね。

【追記】後日調べたら、ミスドもグルテンフリーのドーナツの取り扱いがありました↓

https://un-gluten.com/glutenfree-misterdonut

ヨネキチ

ミスドのグルテンフリードーナツの方が断然高いw

Feveのグルテンフリードーナツまとめ

フェーヴのしっとりドーナツは、アーモンドとマーガリンがふんだんに使われていて、とってもおいしいです。

自分用にもギフト用にもいいと思うので、小麦不使用ドーナツの参考にしてみてくださいね。

その他にもドーナツに関しては色々記事にしていて、私が一番好きなのはグルテンフリーのコパドーナツ。

しっとりしているフェーヴと違い、あっさりしているコパドーナツもすごくおすすめなので

ヨネキチ

ぜひ読んでみてね↓

https://un-gluten.com/glutenfree-kopadonuts

関連記事

  1. 東京のグルテンフリーパン屋「米魂」で小麦アレルギーが注意すべき点

  2. グルテンフリーのおやき?新宿御苑前のおやきカンパニーのグルフリ事情をレビュー

  3. グルテンフリーでも食べられる傾向にある居酒屋メニュー【小麦アレルギー・セリアック】

  4. 【グルテンフリーとチェーン店】ココ壱番屋で食物アレルギー専用カレーを食べてきた

  5. グルテンフリーのお好み焼きが食べられるレストラン千房 | 小麦アレルギー・セリアックの外食メモ

  6. グルテンフリーのおしゃれカフェ「Where is a dog」に行ってみた【セリアックのレストランレビュー】