【グルテンフリー食品】無印良品スナック菓子の原材料が無添加に進化した

シンプルなデザインで有名な無印良品。

家具・雑貨だけではなく、衣料品や食品など取り扱う商品は多く、根強いファンがいることでも有名です。

そんな無印には「グルテンフリー」の文字こそないものの、小麦不使用のスナック菓子がたくさんあるのですが、最近原材料に変化が見られるようになりました。

今日は、私のように「グルテンNG+化学調味料が苦手」な人のために、最近の無印のスナック事情について記事にしたいと思います。

無印良品の原材料がさらにシンプルになった

無印良品はスナック菓子の原材料もシンプルな傾向にありましたが、それでも中には化学調味料などが使われているものもあります。

化学調味料などが苦手な自分は、自分の中で許容できるものだけを買っていたんですが、先日無印に来店した時にあることに気がつきました。

「原材料が変わってる?」

最初に気づいたのは無印良品バージョンのキャラメルコーン。

「キャラメル風味のコーンスナック」という商品名のこのスナック菓子、以前はソルビトールという化学甘味料が使われていました。

ところが現在の原材料はかなりシンプルになっています。

苦手な人工甘味料がなくなったので、早速買って食べてみました。

懐かしい優しい味のスナック菓子で、かなりおいしいです。

他にも証拠写真が残っている限りでは、原材料にこんな形で変化がありました。

上のビフォーが2017年夏頃に撮った写真、下のアフターが2018年9月に公式サイトにアップになっている原材料です。

少しわかりにくいですが「アミノ酸等」の表示が消えています。

個人的には「アミノ酸等」のしつこい後味が苦手であまり買わないようにしていたものもあったので、これはかなりうれしい。

 
えんどう豆のスナックも、半分以下の原材料に減っています。

ノンフライのお菓子でこれだけシンプルな原材料のものはあまり見かけないので、これはとってもありがたい変化ですよね。

進化した無印良品のスナック事情 まとめ

化学調味料も化学甘味料も気にしない人は全く気にしないので、この記事は私のように多少気にする人のために書いています。

全ての食品が無添加になったわけではありませんが、この改善はとっても嬉しい変化です。

個人的には買えるものが増えて喜んでいますが、ただグルテンの観点から言えば、グルテンの許容範囲は人それぞれなので、「小麦製品と共通の設備で作られているものはNG」という人はご注意くださいね。

この記事が、あなたのグルテンフリーライフをおいしくするヒントになれば嬉しいです。

【↓無印良品の他記事はこちらから↓】

≫ 無印良品のグルテンフリー事情|小麦不使用のインスタント・レトルト食品まとめ

≫ 無印良品のグルテンフリースナックを大人買い!小麦不使用のお菓子まとめ

スポンサーリンク


関連記事

  1. 【グルテンフリーの和菓子】小麦アレルギーの人が喜ぶ日本のお土産・手土産情報 まとめ

  2. 【グルテンフリーとふるさと納税】今まで食べた中で一番美味しかったオススメの米粉パン

  3. 【グルテンフリー食品】千房のグルフリ冷凍お好み焼きを セリアックが食べてみた

  4. 【グルテンフリー食品】スーパーで買える大豆のクッキー|小麦アレルギーでも食べられるエナジーバー

  5. グルテンフリーの米粉スナック菓子|小麦アレルギーも嬉しいふるさと納税のお魚チップス

  6. 小麦アレルギー対応のおいしい米粉ドーナツ|一番のおすすめはグルテンフリーのコパドーナツ