グルテンフリーのお出かけ

グルテンフリー旅行を楽しむために小麦アレルギーやセリアックの人がするべき5つのこと

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
旅行行くの?いいね〜!

グルテンフリーの生活は慣れてしまえばそこまで難しくありませんが、旅行に行くと環境がガラリと変わるので事前の準備が大事になります。

自分のキッチンも使えないし、馴染みのお店にも行けない状況で、飢えないために私たち「グルテンフリーピーポー」がするべき事とは?

そこで今日は、グルテンフリーの人たち用の「旅行マニュアル」について記事にしたいと思います。

航空会社にグルテンフリー対応してもらえるか確認する

0327 lang multiANAの公式サイトより

もし飛行機を使って旅行に行く場合は、事前に航空会社に電話をしましょう。

グルテンフリーやベジタリアンなど、食事制限に対応してくれる会社もあるので、運が良ければ機内食が食べられるかも。

ちなみに、私がハワイに行った際に使ったハワイアン航空は、グルテンフリーの提供がありませんでした。

おかげで9時間近いフライトの間、機内食で出たバナナとヨーグルトと、持参したSOYJOYで食いつないだ記憶があります(泣)

ヨシオ
ヨシオ
そのぶん飛行機代が安かったから、それはしょーがないべ٩( ‘ω’ )و

ホテル・旅館側でグルテンフリー対応してもらえるか確認する

手前が普通の食事、奥の伊勢海老とお刺身がグルテンフリー対応の食事

飛行機の次はホテルです。

ホテルのプランが食事付きの場合、グルテンフリー対応をしてもらえるかホテルに聞きましょう。

ちゃんとしたところなら、少なくとも検討はしてくれるはずなので、レッツトライ。

その時に、グルテンというのは「おしょうゆ・お味噌・だし・お酢」などの調味料に潜んでいるというのも一緒に伝えるとさらに安全です。

日本の旅館系はお刺身などの海鮮づくしで対応してくれるケースが多かったので、逆に普通のプランより豪華なメニューになった時がありました。

滞在先周辺でグルテンフリーのお店やレストランがあるかを下調べする

ハワイでグルテンフリーサンドイッチが食べられるお店 

ホテルで毎食食べるわけではないので、事前に周辺のレストランを下調べしておくと、現地での時間ロスがなくなります

今はネットが発達しているので、本当に便利ですよね。

ヨネキチ
ヨネキチ
ネットが普及する前の人たちは、どうやってたんだろ…?

レストランを検索する時は、「グルテンフリー」の検索で望んだ結果が出なくても、諦めるのはまだ早ひ。

「小麦アレルギー」「アレルギー対応」「米粉」など、いろいろなワードで検索してみると、違った結果がヒットするので是非試してみてくださいね。

自分が食べられるグルテンフリーの食べ物を準備する

飛行機もホテルも確認した!

グルテンフリーのレストラン情報もバッチリ!

それでも、油断は大敵。

何があるのかわからないので、自分が食べられるものを荷物に入れて旅行に行きましょう。

もしかしたら、飛行機が飛ばなくて空港で足止めくらうかもしれない。

ホテルに着いたら、台風で外に出られないかもしれない。

そんな時に手元に何もないのは不安なので、カロリーが取れるものを自分の手荷物にとスーツケース両方に分散して入れておくと安心です。

私が旅行に常に持っていくグルテンフリーのSOYJOYは、種類もたくさんあるし、すごくおいしいので、とってもおすすめ。

非常食として家にも常備しています。

あ、あと「グルテンフリーのおしょうゆ」も忘れずに持って行きましょう。

出された料理を食べるのに使う以外にも、運が良ければ持参したしょうゆで料理をしてくれるお店もあります。

アナフィラキシーを起こす小麦アレルギーの人は保険証とエピペンを忘れずに!

これ大事!

私は小麦アレルギーではなくセリアックという病気で、ショック性の反応は出ません。

でも、小麦アレルギーの人は命に関わる場合があるので、エピペンと保険証は忘れずに持って行きましょう

もし言葉のわからない国に行くのであれば、その国の言葉(無理ならせめて英語)で自分の症状を説明した翻訳文もあると心強いです。

アナフィラキシーショックは、時間が勝負。

反応が起きないのが一番ですが、旅行先では何があるかわからないので、事前準備をしっかりして行くと、旅行もたっぷり楽しめるはずです。

グルテンフリー旅行を楽しむ5つの心得まとめ

  • 航空会社にグルテンフリーメニューの提供があるかを確認する
  • ホテルでグルテンフリーに対応してもらえるかを確認する
  • 滞在先でグルテンフリーのお店・レストランがないか事前に調べる
  • 食べられるグルテンフリーの食べ物を持って行く
  • 反応が起きた時のために、エピペンと保険証は必須!

旅行先で目についたお店にふらっと入って、おいしそうなメニューを頼む。

普通の人が普通にしていることができないのは辛いですよね。

でも、事前準備をちょっとがんばれば、普通の人と同じように旅行を楽しむことは可能です。

小麦アレルギーに負けるな!

セリアックに負けるな!

できる範囲で、楽しんじゃいましょ(^ ^)

ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »