セリアックの病歴

【マウス腱鞘炎】労災を2回申請するほどの腱鞘炎から救ってくれた奇跡のアイテム

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
腱鞘炎(けんしょうえん)は辛い…

タイピングのしすぎやマウスの使いすぎで、手首や腕に痛みを感じていませんか?

セリアック病の症状の一つなのか、ただ単に慣れないパソコン作業のしすぎだったのか、私は社会人一年目の時に「マウス腱鞘炎」になりました。

別名「マウス症候群」と呼ばれるこの不調で、指・手首・腕が激痛になり、2回も労災を申請する羽目に…

マウス腱鞘炎って本当に痛いですよね。

パソコン以外にも、お箸を持つ、料理をするなどの日常生活にも影響が出るので、怪しいと思ったら早めの対処がとっても大事です。

今日は、社会人10年以上のキャリアを持つ虚弱体質の私が、どうやって「マウス腱鞘炎」を克服して、今でも毎日バリバリ企業戦士として働いているかをお伝えします。

ヨシオ
ヨシオ
ヒントは「マウス」にあり!

マウス腱鞘炎とは?の簡単な説明

「マウスけんしょう炎」とは、手の中にある「けん」と「けんしょう」という組織がこすれ合って炎症を起こした状態のことを指します。

  • 手首・指・腕の激痛
  • 手や腕のビリビリとしたしびれ
  • 握力の低下

上記が主な症状になり、私は全て当てはまりました。

同じ動作を繰り返すことで腱鞘炎になりやすいため

ヨシオ
ヨシオ
演奏家やマンガ家に多いらしい、ぞ。

マウス腱鞘炎を劇的に改善してくれたミラクルアイテム

さて、私はマウスの使いすぎでマウス腱鞘炎になったわけですが、その症状を改善してくれたのもマウスでした。

正確にはマウスの機能を持つ「ペンタブレット」を使うことで、腱鞘炎から回復できて社会人を続けられています。

ペンタブというのは、特殊なペンとタブレットをセットで使うマウスのことで、絵描きさんに人気絶大のワコムという会社のペンタブを、絵心ゼロなのに使っています↓

Glutenfree kenshoen2
かなり年季が入ってボロボロの自宅用ペンタブは、買ってから10年以上経っていますが、未だに私を腱鞘炎から守ってくれています。

ヨネキチ
ヨネキチ
パズーと呼ぼうかな。
ヨシオ
ヨシオ
いきなりラピュタネタぶち込むなや。

公式サイトの動画は、私が使っているのとは少し違いますが参考までに↓

筆圧も必要ないし、マウスのようにドラッグする必要もないので、とても使いやすいです。

ちなみに、家で使っているタイプは古すぎて会社のパソコンでは使えないため、新しいものを会社用に買い直しました。

Glutenfree kenshoen4

↑の値段はSサイズで一万円弱。

Mサイズもありますが、大きいと手を伸ばす距離が長くなって腕に負担がかかるので、腱鞘炎の人はSサイズがちょうどいいと思います。

ただ、私の社会人生命を救ってくれたワコムのペンタブですが、デメリットも少なからずあるのです。

マウス腱鞘炎の救世主ペンタブのデメリット

ペンタブは使い勝手はいいですが、慣れるまでに少し時間がかかるのがデメリットの一つで、私は違和感なく使いこなせるまでに4〜5日かかりました。

でも、もしあなたがペンタブを使い始めて挫折しそうになっても、腱鞘炎が改善しそうなら諦めずに使い続けて欲しいと思います。

ヨネキチ
ヨネキチ
慣れたら本当に便利で使いやすいよ。

もう一つのデメリットは、クリエイティブな仕事でもない限り、普通の会社では支給してもらえないのでお金がかかる点になります。

私は自宅用と合わせて二つ買ったので、出費は2倍ですね。

安い買い物ではないので、最初のペンタブを買う時にほんの少し迷いましたが、手が壊れて失業するよりはマシ!と腹をくくって買った記憶があります。

自分への投資としては、その後10年以上も社会人として働けているので、リターンは良かったんじゃないでしょうか。

ちなみに、ペンタブの中にはものすごい高額なものもありますが、腱鞘炎の人にはベーシックモデルで十分だと思います。

ペンタブのデメリットまとめ

  • 使いこなすまでに時間がかかる
  • お金がかかる

マウス腱鞘炎を悪化させないためのサブ情報

さて、ペンタブのおかげでなんとか働けていますが、実は全く痛みがないわけではありません。

会社と自宅で毎日10時間以上パソコンを使っているので、そりゃあ痛みも出ますよね。

痛みが悪化しないようにやっている、その他のことをまとめてみました。

  • ストレッチする
  • 姿勢を良くする(これ大事!)
  • 脚を組まない
  • キーボードを自分が使いやすいものに変える
  • 程よく休む
  • 痛くなったら湿布を貼る

実はこの記事を書いている今も少し痛いので、今から湿布を貼ってきます^_^;

人間工学的に作られたらしいマイクロソフトの自宅用キーボード

マウス腱鞘炎対策まとめ

腱鞘炎に効く対処法というのは、人それぞれかもしれませんが、私にとって一番効果があったのはペンタブを使ったことでした。

色々試したけど、どうしても手が痛くて失業寸前!という方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

ペンタブに救われている自分は、今日も湿布を貼りながらブログを書きつつ、明日も会社でバリバリ働いてきます(^ ^)

ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »