イベント系

【まんパク2018】今年からアレルギー成分表あり!小麦アレルギーに嬉しいグルテンフリー情報

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
まんパクって知ってる?

東京にある立川国営昭和記念公園で、今年も「まんパク」というフードフェスがスタートしました。

今年はほぼ全店舗に「アレルギー成分表」があるという嬉しい発見もありましたが、それと同時に落とし穴もあったり。

今年も行ってきたので、小麦アレルギーの人が気をつけるべき点などを記事にしたいと思います。

まんパクの基本情報

公式サイトhttp://manpaku.jp/

開催場所:国営昭和記念公園

開催期間:2018年5月17日〜6月4日

最寄駅:JR中央線立川駅(徒歩10分)

料金:土日800円(中学生以下は無料)

まんパクの見どころ

まんパクというのは「満腹博覧会」の略称で、東京都立川駅から徒歩10分の昭和記念公園で現在開催中です。

普段は入場無料の「緑の文化ゾーン」で開催されており、「まんパク」期間中は入場料がかかります。

ヨシオ
ヨシオ
入場料にフードは含まれない、ぞ。

まんパクは、関東最大のフードフェスで、肉・野菜・海鮮・スイーツ等のエリアにわかれて60以上のお店が出店しています。

Manpaku2018 map屋台に囲まれる形でテントが設置されているため日差しが強い日でも安心。

持参したピクニックシートを広げる場所もあるし、リクライニングチェアもあるので、休む場所はたくさんあります。

グルメ以外に楽しむポイント↓

  • キッズエリア
  • 縁日
  • 大道芸
  • マグロ解体ショー
  • 夜のビアガーデン
ヨネキチ
ヨネキチ
子供も大人も楽しいよ。

オムツ交換所や授乳室もあるし、きれいなおトイレもたくさんあるので、赤ちゃんや小さい子がいても、ゆっくりできると思います。

ちなみに、この日は曇りの時間が長く、風がすごく強い日でした。

最近は夏日のような日もありますが、上着を一枚持って行ったほうがいいと思います。

まんパクの食物アレルギー事情

今年は、去年までにはなかった「アレルギー成分表」が各店舗にありました!

いちいち聞いて回った去年の苦労が嘘みたいに楽。

もしかしたら、私が去年聞きまくったせいで今年から「アレルギー成分表」が用意されたのかな?

とも思ってしまいましたが、多分それはないですねw。

小麦だけではなく、アレルギー特定原材料27品目を表示してくれてるので、食物アレルギーがある人はとても助かると思います。

まんパクの小麦不使用・グルテンフリー事情

アレルギー成分表があるので、まずは全てのお店を回って、なにが食べられるか・食べたいかを確認しました。

結果発表はこちら↓

  • 小麦不使用メニュー:128
  • 何らかの小麦不使用メニューがあるお店の数:35店舗

各エリアの小麦不使用メニュー数の結果発表です↓

  • 肉エリア:19
  • 野菜エリア:19
  • スイーツエリア:32(最多)
  • 餃子エリア:ゼロ(予想通りですねw)
  • 海鮮エリア:21
  • チーズエリア:8
  • ラーメンエリア:1(手羽先のサイドメニュー)
  • 揚げものエリア:3
  • たまエリア:16

ちなみに、ドリンクと物産エリアは数に含めていません。

かなりの数食べられるものがあるように見えますが、この数をそのまま信用していいのかはちょっと疑問。

お店の人と話して

ヨネキチ
ヨネキチ
ん?

と不安に思ってしまうような出来事がありました…

まんパクのアレルギー成分表の注意点

とてもありがたいアレルギー成分表ですが、たまに間違いも起こります

お店の人と話してみると、調味料まで確認していないのかな?という疑問が出てきました。

基本的に、「おしょうゆ」に小麦が入っているのを知らないお店もあり

  • たまりを使っているから多分大丈夫だけどわからない
  • 小麦は使ってないけどおしょうゆは使っている。でもアレルギー対応のおしょうゆは使っていない

という不安な回答をするお店も。

アレルギー持ちが取るべき自衛策

確認不十分でアナフィラキシーを起こす人が反応したら大変です。

でも「アレルギー成分表が間違っているかも」と指摘したら、来年からはアレルギー成分表が撤廃されてしまうかもしれない…

悩ましいところですが、とりあえず自衛策としては

  1. アレルギー成分表をもとに、なにをオーダーするかを決める
  2. オーダーする前にお店の人に確認する
  3. 確証がなくて不安な場合はパスする

アレルギー成分表をもとに納得のいく形で確認すれば、とっても楽しいイベントになると思います。

おまけ:食べたもの写真

今回食べたフードの写真を参考までに(^ ^)

ただ、家族が食べた小麦メニューもあるのでご注意ください。

ヨネキチ
ヨネキチ
最新情報は常に現地で確認してね。

↑牛たん焼 1000円(利久)

↑もちもちポテト 600円(もちもちポテト323号室)

↑カオマンガイ 700円(タイ料理プラトーン)

↑生春巻き 600円(タイ料理プラトーン)

↑いちごミルクかき氷 900円(川越)

↑丸もち餃子 600円(夏目家)

↑博多豚骨らーめん 800円(らーめん二男坊)

↑ビール 600円(立川ドリンクプロジェクト)

大人2人と小学生1人で使ったお金:1600円(入場料)+ 5800円(フード)

合計:7400円

まんパクのグルテンフリー事情まとめ

  • まんパクでは、アレルギー成分表がある。
  • アレルギー成分表は万能ではないが、とってもありがたい
  • 小麦不使用のメニューは100以上
  • 子供も大人も楽しいフードフェス(^ ^)

入場料もかかるし、食べ物の値段も安くはありませんが、とっても楽しいイベントだと思います。

お店によっては当たり外れもありますがw、ぜひお出かけの参考にしてみてくださいね。

ヨシオ
ヨシオ
外食の時に役に立つ記事もある、ぞ↓
グルテンフリー傾向のレストランメニュー!現役セリアックによる外食ガイドのまとめこんにちは。 外食難民代表、セリアック病のヨネキチです。 最近は、アレルギー成分表を用意してくれるレストランも増えま...
ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »