セリアックの病歴

セリアック病患者が内部吸収で歯を失ったはなし

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
ヨネキチは奥歯がないよ。

セリアック病というのは、自己免疫疾患の一つです。

小麦などに含まれるグルテンを食べると、自分の免疫システムがパニックを起こして自身の体を攻撃してしまうという厄介な病気。

一生グルテンフリーの食生活を続けるというのが唯一の対処法になります。

そんなわけで、私自身ずっとグルテンフリーを続けているわけですが、セリアック病と診断される前、振り返ってみると

あれ?もしかしてこれもセリアック病のせいだったのかも?

と思い当たる症状がいくつかあります。

その中の一つが

冒頭のセリフに戻りますが、20代の時に奥歯を一本抜いています。

症状名は「内部吸収」、原因は「不明

セリアック病と確実に結びつくはわかりませんが、果てしなく黒に近い灰色のこの事例。

セリアック病に興味があるようでしたら、お暇つぶしに是非読んでみてください。

セリアック病のせい?奥歯が一本死んじゃった

個人情報を隠したヨネキチの診断書

もともと虫歯ができやすく歯が弱いため、半年に一回の歯科定期検診に通うようにしています。

レントゲンを撮ってもらった20代のある日、先生から奥歯に大きな影があると言われました。

細かなやり取りは忘れてしまったんですが、その後いろいろ診てもらった結果、どうやら中が空洞になっていて、歯が死んでしまっているらしいとのこと。

「え?こんなに定期検診に通ってるのに?なんで?」

その時言われたのが聞き慣れない「内部吸収」という名前で、どうやら自分自身の身体が自分の歯を攻撃して食いつぶしているらしいとのこと。

当時はよくわからなかったんですが、今振り返ってみるともろに「自己免疫疾患」ですよね。

結局歯を温存することはできなかったので、抜歯することになりました。

ただあまりにも歯がもろくなっていたため普通の歯医者さんでは対処できず、専門に回されることに。

抜歯の専門というのもよくわかりませんが、とりあえず紹介された医院で抜歯しようとした瞬間…

歯が砕けました。

かわいそうな私の歯。

結局なんとか掴める部分の歯をつかんで引っこ抜いてもらったのがこちらの写真です。

なかなか歯を抜歯するという機会もないので、せっかくだからもらってきました

虫歯でもなく、手入れをしていなかったわけじゃないのに、死んでしまった歯。

結局、セリアックのせいなのかどうかは、当時は診断前なのでわかりません。

でも当時はがっつりグルテンを食べていました。

セリアックの症状は200以上、関連付けはむずかしい

☑︎セリアック病かもしれない?疑いがある時に役に立つセルフチェックシート

セリアック病の症状は200以上もあると言われていて、症状の現れ方にも個人差があります。

そのため、診断されるまで10年以上かかるとの報告もあったりするので、いつから私がセリアックだったのかを調べる方法はありません。

内部吸収自体が珍しい症例のようなので、セリアック病との関連を疑いたくなってしまいますが、どうなんでしょうね。

日本ではまだまだ珍しいセリアック病当事者として、こんな経験もしていますよ、という参考までの記事でした。

とりあえず歯は大事。

ヨシオ
ヨシオ
できる範囲でしっかり手入れしとこうぜ、って話だぞ。
セリアック病とは?現役セリアック患者による原因と症状を解説こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 日本ではあまり聞き慣れないセリアックという病気は、グルテンに対して体が免...
【図解】現役セリアック患者監修!小麦アレルギー、セリアック、グルテン不耐性、グルテン過敏症の違いとは?こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 私は2010年頃にセリアック病と診断されました。 それ以前に行った...
ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »