グルテンフリーの食品

【グルテンフリーの非常食】小麦アレルギー・セリアックにおすすめの備蓄食品

日本は安全で美しい国ですが、地震大国でもあります。

小麦アレルギーやセリアックなど、食物アレルギーの人が被災した時に起こりうることは?

  • 炊き出しが食べられない
  • 品切れでお店で買えるものがなくなる

この記事ではセリアック病の私がしているグルテンフリーの災害対策について、お伝えしたいと思います。

グルエンフリーの備えで憂いなし!

と言っても、家が全壊するような災害は個人ではどうにもならないので、想定しているのは、3日ほど自宅で持ちこたえられる備蓄品になります。

3日あればきっとライフラインも復旧すると信じて、この記事はその前提で読んでいただけると嬉しいです(^^)

グルテンフリーのおすすめ非常食1:アルファ米

色々な種類の非常食がありますが、グルテンフリーとしておすすめしたいのは、シンプルなアルファ米です。

アルファ米というのは、炊いたお米を乾燥させたレトルトご飯のことで、水分を入れるだけで食べられるとても優れもの

災害時に大活躍すること間違いなしです。

少しお値段は張るものの、非常時のために必要な投資として、我が家には50袋分ストックがあります。

家族3人、1日3食として5日以上持ちこたえられる計算です。

お湯でもお水でも調理可能なこの商品の原材料は、うるち米だけの完全なグルテンフリー。

小麦アレルギーやセリアックの人はもちろん、お米アレルギー以外の人なら誰でも安心して食べられます。

グルテンフリーのおすすめ非常食2:サバ缶セット

災害時に味の文句はいいたくありませんが、それでもアルファ米だけで何日も過ごすのはつらすぎますよね。

自宅で被災した時に、少しでも美味しく過ごせるように、ご飯のお供のサバ缶12セットを購入しました。

わたし以外はグルテンフリーの必要はないので、購入したのはサバ缶5種類セットになっています。

半分以上(水煮2種類+ガーリック)はわたしも食べられるので、我が家はこれで問題ありませんが、完全小麦不使用にしたい場合は、水煮セットがおすすめです。

created by Rinker
美味しい鯖
¥4,800
(2021/06/16 10:19:18時点 Amazon調べ-詳細)

グルテンフリーのおすすめ非常食3:クッキーセット

つらいときこそ、美味しくて甘いものが食べたくなりますよね。

というわけで、アレルギー対応のクッキーを大人買いして災害対策です。

ただ、問題はこのクッキーが美味しすぎて、備蓄にならないということ…

5年間保存が効くすぐれものですが、普段のおやつとして普通にどんどん食べてしまうので、なかなか取っておけないのが悩みです。

グルテンフリーのおすすめ非常食4:えいようかん

「えいようかん」という、ようかんの保存食も備蓄しています。

非常時にカロリーを手早く・手軽に補給するためのこの備蓄食品。

5年間は入れ換える必要がないので、うっかり賞味期限切れという事態も防ぎやすくなります。

グルテンフリーのおすすめ非常食5:レトルトカレー

アルファ米と一緒に食べられるカレーもおすすめです。

以前は普通の小麦不使用のレトルトカレーを常備しましたが、気づくとすぐ賞味期限になってしまうので、思い切って5年保存を購入しました。

温めなくてもおいしくたべられるので、電気やガスが使えなくなっても大丈夫。

もちろん温めたほうがおいしいので、電気もガスも使えなくなるような状況にならないのが一番ですが…

グルテンフリーのおすすめ非常食6:飲み物

人間数日食べなくても死にませんが、水分補給をできないと死んでしまうそうです。

なので、非常時こそ大事になる水分補給のために、ジュースも箱買いしました。

非常時には、栄養も一緒に取れる野菜ジュースがおすすめです。

こちらも長期保存が可能なので、一度買えば5年間は入れ替える必要がありません。

すこし割高になりますが、いざという時のために必要な投資だと割り切っています。

created by Rinker
野菜一日これ一本/一杯
¥4,567
(2021/06/16 11:37:43時点 Amazon調べ-詳細)

グルテンフリーのおすすめ非常食7:水・水・水

野菜ジュースもアルファ米ももちろん大事ですが、一番必要なのはやっぱりお水

お水がなければアルファ米も作れないですしね。

というわけで、お水も長期保存が効くボトルを数箱キープしています。

お水に関しても、以前は市販のお水を購入していましたが、気づくとあっという間に賞味期限切れ・・・というのを何回も繰り返して、保存水を購入することに決めました。

以前は毎年入れ替えていたのに比べると、5年に一回で済むのでだいぶラクになりました。

グルテンフリーの災害対策:ローリングストック

我が家のローリングストック備蓄

非常食になる食品を普段から食べて、食べた分をまた買い足していく「ローリングストック法」という備蓄方法があります。

我が家も、普段から缶詰やレトルトを多めに常備しているので、自宅避難生活が少し長引いたとしても、ある程度食いつなぐことは出来るはず。

ツナ缶、果物の缶詰、ドライフルーツ、ナッツ、塩せんべいなどなど。

賞味期限は特別長くはありませんが、普段から消費して買い足していれば、いざという時に役立つので、「ローリングストック」はおすすめです(^^)

災害対策の備蓄品おまけ

グルテンフリーとは関係ありませんが、他にもいろいろ備蓄しています。

体拭きタオル

断水した場合を想定して、身体を清潔に保つための大判からだふきタオルをセットで備蓄。

これは本当に使い勝手がいいらしく、祖母を介護している母にあげたら大絶賛していました。

災害時用シャンプー

身体も洗えない状況では、当然頭も洗えないのでドライシャンプーも購入。

資生堂のいい香りのするドライシャンプーです。

災害時用トイレ

断水になるとおトイレも使えなくなります。

トイレ無しはつらい…けど使えないものはしょうがないので、その時のためにトイレセットも用意しました。

グルテンフリーのおすすめ非常食まとめ

家族には普通の非常食も用意

保存食・非常食は割高になるので、それなりの投資になります。

ただ、我が家にとって非常食を備蓄するのは「必要経費」。

家族構成や食べ物の好き嫌いで、非常食のラインアップも変わりますが、とにかく大事なのは、備えることではないでしょうか。

願わくば、揃えた非常食を本番で使う必要が無いことを祈りつつ。

今日も平和な1日に感謝しながら、万が一に備えたいと思います。

余談:グルテンフリーの自分が災害弱者を自覚した日

以前はあまり考えていなかった災害時対策ですが、自分の考えを改める出来事が以前ありました。

少し前、会社ビル内のコンビニにランチを買いに行ったことがあります。

その日は台風で、ビルの外に出られない人たちがそのコンビニに集中したため、陳列棚はほぼもぬけの殻。

ただでさえ食べられるものが少ない私が買えるものは一つもなく、この時は実体験として

あ、災害時には飢えるかも…

と思ったのが備蓄品を見直すきっかけとなりました。

外出している時と自宅では事情も違うとは思いますが、食物制限があるからこそ、できることから始めてみてはいかがでしょうか(^^)

【グルテンフリーとふるさと納税】今まで食べた中で一番美味しかったオススメの米粉パングルテンフリーをはじめて10年以上。 今まで食べた米粉パンの中で、一番おいしかったパンについて記事にしたいと思います。 ご紹...
ABOUT ME
ヨネキチ
関東在住のフルタイム兼業主婦。20代後半でセリアック病と診断されたため、現在は完全グルテンフリーを楽しむ毎日です。 シンプルで身体にいいものが好きだけど、たまにジャンクも食べます。