グルテンフリーの非常食|小麦アレルギー・セリアックが普通のお店で買える備蓄食品も

日本は安全で美しい国ですが、地震大国でもあります。

小麦アレルギーやセリアックの人が被災した時に起こりうることとは?

  • 炊き出しが食べられない
  • 品切れでお店で買えるものがなくなる

そこで、この記事ではセリアック病の私がしているグルテンフリーの簡単な災害対策について、お伝えしたいと思います。

グルエンフリーの備えで憂いなし

備えると言っても、家が全壊するような災害は個人ではどうにもならないですよね。

想定しているのは、3日ほど自宅で持ちこたえる必要があるような状況になります。

3日あればきっとライフラインも復旧すると信じて、この記事はその前提で読んでいただけると嬉しいです。

グルテンフリーのアルファ米を箱買いする

色々な種類の非常食がありますが、グルテンフリーとしておすすめしたいのは、シンプルなアルファ米です。

アルファ米というのは、炊いたお米を乾燥させたレトルトご飯のことで、水分を入れるだけで食べられるとても優れもの。

災害時に大活躍すること間違いなしです。

少しお値段は張るものの、非常時のために必要な投資として、我が家には50袋分ストックがあります。

家族3人、1日3食として5日以上持ちこたえられる計算です。

お湯でもお水でも調理可能なこの商品の原材料は、うるち米だけの完全なグルテンフリー。

小麦アレルギーやセリアックの人はもちろん、お米アレルギー以外の人なら誰でも安心して食べられます。

非常時にアルファ米を戻すための水分も必要なので、お水のストックも必要です。

普通のお店で買える缶詰やレトルトを非常食にする

我が家のローリングストック備蓄品

アルファ米を箱買いすれば、数日は飢えることはないので安心です。

「でも、ずっと白米だけでは味気ない…」

非常時にぜいたくと言われるかもしれませんが、どんな時でもできるだけ食事はおいしく食べたいですよね。

そこでおすすめなのが「ローリングストック法」という、非常食を普段から食べて、食べた分だけ買い足していくという備蓄方法です。

いつのまにか備蓄品の賞味期限がきれていた…

という事態を避けられるのでとっても現実的(アルファ米はさすがに普段食には向きませんが)

そして、グルテンフリーと書かれていなくても、備蓄できる食品はたくさんあります。

  • 魚の缶詰(塩)
  • ツナ缶
  • 果物の缶詰
  • スパム肉(調理に火は必要)
  • カレーのレトルトパック
  • スルメなどの乾きもの
  • ドライフルーツ
  • ナッツ
  • 塩せんべい

また、特別グルテンフリー仕様のものは、基本ネットで買うのが便利でお得です。

例えばアレルゲン不使用のライスクッキーは、サクサクでおいしくて、とってもおすすめ!

5年間保存ができるので一回買えばしばらく放置できますが、おいしすぎてすぐ食べてしまうため、結局我が家では備蓄はできていません…

グルテンフリーの非常食対策まとめ

辛い状況でも、おいしいものがあれば、笑顔もきっと増えるはず。

備蓄品が活躍する日が来ないことを祈りつつ、自分や家族を守るために、今一度ご自宅のストックを確認してみてはいかがでしょうか?

無意味に怖がる必要はないけれど、一定の緊張感を持ちつつ、我が家でもいつか来る災害に備えたいと思います。

余談:グルテンフリーの自分が災害弱者を自覚した日

以前はあまり考えていなかった災害時対策ですが、自分の考えを改める出来事が以前ありました。

少し前、会社ビル内のコンビニにランチを買いに行ったことがあります。

その日は台風で、ビルの外に出られない人たちがそのコンビニに集中したため、陳列棚はほぼもぬけの殻。

ただでさえ食べられるものが少ない私が買えるものは一つもなく、この時は実体験として

あ、災害時には飢えるかも…

と思ったのが備蓄品を見直すきっかけとなりました。

外出している時と自宅では事情も違うとは思いますが、できるところから準備をしていけたらなと思います。

関連記事

  1. 【グルテンフリーの和菓子】小麦アレルギーの人が喜ぶ日本のお土産・手土産情報 まとめ

  2. 【グルテンフリー食品】千房のグルフリ冷凍お好み焼きを セリアックが食べてみた

  3. 【グルテンフリー食品】スーパーで買える大豆のクッキー|小麦アレルギーでも食べられるエナジーバー

  4. グルテンフリーの米粉スナック菓子|小麦アレルギーも嬉しいふるさと納税のお魚チップス

  5. 小麦アレルギー対応のおいしい米粉ドーナツ|一番のおすすめはグルテンフリーのコパドーナツ

  6. グルテンフリーの食事をかしこく時短!小麦アレルギー対応の冷凍食品・餃子編