グルテンフリーの新宿アインソフジャーニーレストランがおすすめの理由

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ

アインソフジャーニーってお店聞いたことある?

東京の新宿に、日本では珍しいヴィーガン&ベジタリアンを提供している「アインソフジャーニー」というレストランがあります。

小麦粉のメニューも取り扱っていますが、グルテンフリーのメニューもあると聞いたので、先日ランチに行ってきました。

隠れ家的な外観だけど、実はかなり有名なこちらのレストラン。

ヨシオ

はっきり言って、オススメだぞ٩( ‘ω’ )و

基本情報

店舗名とURL:アインソフ ジャーニー 新宿店(AIN SOPH.JOURNEY SHINJYUKU

住所:東京都新宿区新宿3-8-9 新宿QビルB1. 1F. 2F.

電話番号:03-5925-8908

グルテンフリーを提供する新宿のレストラン

新宿三丁目のC5番出口を出ると、すぐ目の前にあるのがこちらのレストラン「アインソフジャーニー(AIN SOPH.Journey)」です。

木に覆われていますが、お店の前に出ている看板が目印になって簡単に見つかりました。

入り口のドアに書かれた「ヴィーガンレストラン」の文字

日本ではまだまだ少ない完全菜食(ヴィーガン)のメニューを提供しているため、レストランの中は半分以上が海外の人でした。

平日12時頃の来店で待ち時間は10分程度でしたが、その後もスーツケースを転がしながら来店する人が続々といたので、狭い通路は少し渋滞気味になっていました。

着席して渡されたメニューは全て英語対応されていたので、他のグルテンフリーやヴィーガンのレストランと同じく海外の人もターゲットみたいですね。

私はヴィーガンではありませんが、グルテンフリーの食事制限があるため、グルテンフリーと書かれた美味しそうなパスタをオーダーしました。

グルテンフリーパスタを待つ間に出されたのは、フルーツとハーブのデトックスウォーター。

一見ただの水ですが、ほんのりした甘みと香りがすごく美味しい、女子力高めのお水です。

店内は、よく言えばシャビーシックでおしゃれ、悪く言えば少しボロい感じですw。

SNS用だと思いますが、写真を撮る女性客もちらほらいて、私もちょっとだけパシャパシャ。

ブログを書き始めて数ヶ月ですが、未だに写真を撮る際はなぜか少しだけ恥ずかしくなってしまいます(^^;

待つこと10分程度で出てきたパスタがこちら↑

平日ランチ限定の米粉パスタを使ったメニューで、野菜は毎日変更されるらしく、この日はじゃがいもと菜の花が使われていました。

ちょうどいい茹で加減と、少しだけ芯の残ったコリコリしたじゃがいもが絶妙な美味しさ。

米粉パスタ特有のモチモチ感が後引きで、もう少しだけボリュームがあったらちょうど良かったと思いますが

ヨネキチ

腹八分目っていうしね。

小麦不使用の醤油を使ったオニオンドレッシングのサラダと、付け合わせのピクルスとあわせて完食です。

アインソフジャーニーのグルテンフリー事情まとめ

ギフトコーナーにはグルテンフリーの玄米クッキーも

新宿、銀座、池袋と都内で横展開しているこちらのお店ですが、各店舗ごとにコンセプトが違うようです。

グルテンフリーの取り扱いがないお店もあり、またメニューは予告なく変更される場合があるので、お出かけ前に確認するといいと思います。

ヴィーガンにせよ、グルテンフリーにせよ、特別な食事制限に対応してくれるお店があるのはとてもありがたいことです。

新宿に行く頻度は高いので、またお昼時に行ってみたいと思います。

ヨシオ

こんなレストランも新宿にあるぞ↓

https://un-gluten.com/?p=2277

関連記事

  1. 東京のグルテンフリーパン屋「米魂」で小麦アレルギーが注意すべき点

  2. グルテンフリーのおやき?新宿御苑前のおやきカンパニーのグルフリ事情をレビュー

  3. グルテンフリーでも食べられる傾向にある居酒屋メニュー【小麦アレルギー・セリアック】

  4. 【グルテンフリーとチェーン店】ココ壱番屋で食物アレルギー専用カレーを食べてきた

  5. グルテンフリーのお好み焼きが食べられるレストラン千房 | 小麦アレルギー・セリアックの外食メモ

  6. グルテンフリーのおしゃれカフェ「Where is a dog」に行ってみた【セリアックのレストランレビュー】