グルテンフリーの外食

【グルテンフリー旅行】ハワイでグルフリを満喫できる おすすめレストランのまとめ

日本人にも大人気のハワイには、グルテンフリーのレストランがたくさんあります。

普段食べられないサンドイッチやハンバーガーもあるので、きっとワクワクするはず。

セリアック病になってから初めて行ったハワイで、おいしいレストランやお店にいろいろ行ってきました。

グルテンフリーレストラン①:Ruffage Natural Foods

ワイキキビーチから徒歩圏内にある「Ruffage」というこちらのお店は、グルテンフリーに対応しています。

下の写真の様に、メニューにも大きな「Gluten Free Wheat Free」の文字が。

ただ、小麦パンも扱っているため混入の可能性はあります。

また、オーダー時にグルテンフリーと言わないと、普通の小麦パンで作られてしまうので要注意。

日本ではあまり見かけませんが、カイワレや人参が入っているアポカドターキーのサンドイッチをオーダーしました。

普通のパンに比べてグルテンフリーのパンは少しパサつくものの、それでも十分美味しいです。

こちらのお店は、5日間の滞在で、3回ほどリピートしました。

店舗名:ラフェージナチュラルフーズ

住所: 2442 Kuhio Ave, Wakiki, 96815-333

グルテンフリーレストラン②:The Counter

日本のサイトにも紹介されている、カスタムハンバーガーレストランの「カウンター

グルテンフリー用のメニューも用意されており、バンズをグルテンフリーに変更することで対応しています。

オーダーしたのはハニーディジョンソースのチキンバーガー。

ひさしぶりのバーガーが嬉しくて、半分食べたところで写真を取るのを忘れたことに気づきました…

グルテンフリーのパンはやっぱり少し乾いてしまいますが、お肉は程よくジューシーでおいしい。

隣はWhole Foodsなので、終わった後に買い物できるのも嬉しいですね。

ワイキキからは車で15分位ですが、バスも出ているので、おいしいハンバーガーを食べに足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

店舗名:カウンター

住所:4211 Waialae Avenue E-1, 96816-5319

グルテンフリーレストラン③:Eggs ‘n Things

ワイキキビーチの目の前にある「エッグスン・シングス」というレストランでは、グルテンフリーメニューは2種類あります。

メニューにグルテン軽減の印をつけてくれているので、わかりやすいです。

「グルテンフリー」ではなく「グルテン軽減」というのが不安ですが、とりあえず私はここで食べて症状は出ませんでした。

頼んだのはポテトとソーセージのセット。

量が多く、結局持ち帰って2食半になったのでコスパはいいです。

脂っぽいので毎回食べたいメニューではないものの、宿泊先の隣だったので便利でした。

座れるまでに時間がかかる場合もありますが、ビーチの波音を聞きながらボーっとするのも楽しいと思います。

店舗名:エッグスン・シングス ワイキキビーチ・エッグスプレス

住所:2464 Kalakaua Ave, 96815-3262

ハワイのグルテンフリーレストランまとめ

Cheesecake FactoryDuke’sは、待ち時間が長くて行くのは断念しました。

Nookというレストランにも行きましたが、グルテンの知識は乏しい上に、何よりゴキブリがいて個人的にはNGだったので、紹介記事からは外しています。

何はともあれ、普段日本ではなかなか食べられないサンドイッチやハンバーガー。

おいしいグルテンフリーハワイ旅行の参考になれば嬉しいです。

【グルテンフリー旅行】ハワイのグルフリ食品が買えるお店のまとめ|セリアックおすすめの穴場情報欧米では「グルテンフリー」が浸透しているので、日本にはないオプションが色々あって楽しいですよね。 この記事では、セリアックの私がハ...
ABOUT ME
ヨネキチ
関東在住のフルタイム兼業主婦。20代後半でセリアック病と診断されたため、現在は完全グルテンフリーを楽しむ毎日です。 シンプルで身体にいいものが好きだけど、たまにジャンクも食べます。