カフェ・レストラン

グルテンフリーのおしゃれカフェ「Where is a dog」に行ってみた【セリアックのレストランレビュー】

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
吾輩はペンギンである。

今日は東京の新宿区にある、グルテンフリー専門のレストランに行ってきました。

新宿駅周辺や表参道などにあるグルフリレストランと違い、こじんまりとひっそりと営業しているこちらのお店。

名前を「Where is a dog?」と言います。

訳すと「犬はどこ?」

お店の名前としてはだいぶ変わっていますよね。

わたしも「???」だったんですが、お店に入って納得。

今日は、このちょっと変わった名前のグルテンフリーレストランについて、レポートしたいと思います。

グルテンフリーレストラン「Where is a dog?」について

Glutenfree whereisadog19

こちらのレストランは、新宿区喜久井町の夏目坂にあります。

夏目漱石が坂の途上に住んでいたことから付けられたこの名前ですが、夏目漱石といえば?

そう、「吾輩は猫」ですよね。

Glutenfree whereisadog18

お店のロゴマークもネコさん。

Glutenfree whereisadog04

店内は見渡す限りネコの写真やオブジェです。

壁一面、ネコ。

Glutenfree whereisadog05

ネコ。

Glutenfree whereisadog15

ネコ。

Glutenfree whereisadog16

ネコ。

まさかのネコまみれで、かわいいんだけど、犬はどこ?

ヨシオ
ヨシオ
あ!!

さて、かなりの数のネコアイテムで埋め尽くされたこのレストランですが、実はこっそり。

本当にこっそり。

犬が一匹隠れているそうです。

オーナーの奥さん曰く、今まで誰にも犬の場所はバラしたことはないとのこと。

新人スタッフさんの中には、何日も見つけられなくて、モンモンとした人もいたらしいですw。

そんな感じでお店の名前の由来にも、インテリアにもすっかり感心してしまいましたが、このブログはグルテンフリーのブログ。

ヨネキチ
ヨネキチ
グルテンフリーについても、もちろん調べてきたよ(^ ^)

グルテンフリーレストラン「Where is a dog」の基本情報

  • お店の名前:Where is a dog?
  • 住所: 〒162-0044 東京都新宿区喜久井町52
  • エリア: 新宿
  • 電話番号: 03-6205-9750

グルテンフリーと食にかけるおもい

Glutenfree whereisadog17

通常グルテンフリー専門のレストランだと、オーナーさんが小麦アレルギーやセリアックというケースが多いのですが、このお店は違いました。

もともと食に関わるお仕事を何かされていたみたいですが、安心・安全にグルテンフリーを提供するお店が少ないことから、2017年の10月にこのお店をオープンされたようです。

店内には、そんなオーナーさんご夫婦が丁寧に選んだグルテンフリーの食材や食品がたくさん。

Glutenfree whereisadog09 Glutenfree whereisadog12

海外の商品が多いみたいです。

Glutenfree whereisadog13冷凍、冷蔵食品もありました。

Glutenfree whereisadog07

他のお店で取り扱っていないような商品も多いため、大量買いしていくお客さんもいるそうです。

お値段は、やっぱりグルテンフリープライスという感じで、高め印象。

ただ、これは業界全体の傾向なので、今のところしょうがないかなと思います。

グルテンフリーパンで作ったサンドイッチ

Glutenfree whereisadog06

こちらのお店では、トーストされていないグルテンフリーパンで作られたサンドイッチがありました。

グルテンフリーのあるレストランでも、サンドイッチがあるところは少なく、その上トーストしていないタイプはかなり珍しい。

というわけで早速「塩麹鶏」のサンドイッチ(680円)をオーダーしてみました。

待つこと5分程度で出てきたのがこちらのサンドイッチ↓

Glutenfree whereisadog01

パン自体はどちらかというと甘めで、通常の米粉パンよりしっとりしていました。

Glutenfree whereisadog02

米粉オンリーのパンとも少し違う感じだったので聞いてみたところ、大豆粉とソルガムを使っているとのこと。

グルテンフリーの老舗会社に監修してもらったレシピを元に、キッチンで毎日焼いているそうです。

Glutenfree whereisadog08

このパンだけを購入することも可能で、一斤1200円くらいだったかな?

安心・安全の材料を使って完全グルテンフリーにしているだけあって、お値段もかなり上の方です。

それでも、このパンだけを買いに来るお客さんもいたので、一定のファン層はいるみたい。

ヨネキチ
ヨネキチ
確かにおいしかった。

サンドイッチに関していえば、お肉がゴロッと入っているので、とにかく食べにくいですw。

あと全体的に甘かったのが意外で、個人的にはもう少し塩気が欲しかった気もしますが、それでも十分に堪能できました。

サイズ的には、グルテンフリーあるあるですが、がっつり食べる系の人には物足りない量だと思うので、そんな時はデザートでも頼んじゃいましょう。

もちろんグルテンフリーです。

Glutenfree whereisadog11

グルテンフリーレストラン「Where is a dog?」のまとめ

Glutenfree whereisadog03ラカンカの梅シロップ

  • 店内全てのメニューがグルテンフリー。
  • 一部ビーガン・乳不使用
  • 値段は高め
  • 使用している材料にこだわりあり
  • 店舗内で商品が買える

グルテンフリーを専門にしているだけあって、やっぱり海外のお客さんがかなり多いようです。

ランチのお客さんがひと段落した時に、オーナーの奥さんとたくさんおしゃべりさせてもらったのですが、とても感じの良い方でどんな質問にも一生懸命答えてくれました。

オーナーご夫婦の、「安心・安全な食材で、どんな人でも食べられる食事」を目指してオープンしたこちらの「Where is a dog?」

遊び心溢れる店内と、おいしいグルテンフリーの料理を求めて、どこかに隠れているワンちゃんを探しに行きませんか?

ちなみに、私は最後の最後でワンちゃんを見つけることができました(^ ^)

ヨシオ
ヨシオ
コープデリでグルテンフリー食品を大量買い!小麦アレルギー必見のオススメ商品」の記事で、サンドイッチが自宅で作れるパンを紹介している、ぞ٩( ‘ω’ )و

 

ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »