ファミレスのグルテンフリー事情まとめ【小麦アレルギー・セリアック必見】

子連れに優しいファミレスやファーストフードのお店。

子供の食物アレルギーを考慮して、「低アレルゲンメニュー」を用意しているところはたくさんあります。

低アレルゲンメニューというのは、特定原材料の7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)を原材料に使用しないメニューのこと。

子供用のメニューとして提供される場合がほとんどですが、大人でもアレルギーがあれば注文できることがあります。

低アレルゲンメニュー以外にも小麦不使用のメニューは色々あるので、詳しくはリンク先の公式アレルギー表をそれぞれご確認ください。

グルテンフリーの外食をする際に注意する点

  • 低アレルゲンメニューでも、混入(コンタミネーション)の可能性はゼロではない
  • アレルギー成分表で小麦不使用でも大麦などが使用される場合がある
  • メニューや原材料は変更する場合があるので最新情報は常にお店で確認する

ジョナサンの低アレルゲンメニュー

ジョナサンは関東を中心に展開するファミリーレストランです。

提供される低アレルゲンメニューは1品ですが、小麦不使用のサラダやサイドメニューも複数あります。

公式サイトは、アレルギー情報にたどり着くまでに何回もクリックしなければならず、またアレルゲンの絞り込み検索ができないので若干使いづらいです。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンおこさまカレー

デニーズの低アレルゲンメニュー

関東と中部地方を中心に展開しているファミレスチェーンです。

低アレルゲンメニューの数は2品ですが、原材料の詳細確認や絞り込み検索ができる親切なサイトになっています。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンプレート

低アレルゲンバーガープレート

ガストの低アレルゲンメニュー

ジョナサンと同系列のファミリーレストランですが、ガストは全国展開しています。

低アレルゲン対応メニューは1品ですが、マグロ丼など小麦不使用のメニューがあります。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンお子さまプレート

低アレルゲンメニューの品揃えは、最多の5品のココス。

検索機能も使いやすく、小麦不使用の主食メニューも多数あります。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

ココスの低アレルゲンメニュー

低アレルゲン四角いハンバーグプレート

低アレルゲンおこさまカレー

低アレルゲンおこさまクリームスパゲッティ

低アレルゲン米粉パン

低アレルゲンいちごアイス

ロイヤルホストの低アレルゲンメニュー

小麦不使用のメニュー自体は少ないですが、低アレルゲンメニューは4品あります。

全国展開はしていますが、店舗のない県もあるので、ガストなどに比べるとアクセスは限られるかもしれません。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲン おこさまハンバーグプレート

低アレルゲン おこさまカレーライス

低アレルゲン おこさまガトーショコラ

米粉のぷちパン

バーミヤンの低アレルゲンメニュー

ガストやジョナサンと同系列の、中華料理レストランチェーンです。

低アレルゲンメニューは1品、小麦を使用しないメニューは枝豆などのサイドメニューが少しあります。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンキッズカレー(ゼリーつき)

吉野家の低アレルゲンメニュー

牛丼を中心に提供する大手外食チェーンストアの吉野家。

低アレルゲンとは書かれていませんが、特定原材料を含まないカレーセットがあります。

朝食のしらすおろし定食や納豆しらす定食も小麦を含みません。

ミニカレーセット(ドリンク・デザート含まない)

やよい軒の低アレルゲンメニュー

定食や丼物を中心に提供するチェーンレストランです。

低アレルゲンのお子様カレー以外で注文できる小麦不使用の主食メニューはなく、冷奴や納豆などの単品サイドのみとなっています。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

お子様カレー(低アレルゲン)

びっくりドンキーの低アレルゲンメニュー

全国展開するバンガーグレストランのびっくりドンキーでは、小麦を使用しないハンバーグがあります。

他のレストランと違うところは、アレルギー対応メニューが量も味も大人を想定したメニューになっている点。

配膳の間違いを防ぐために、このメニューを注文した人には専用のペーパーランチョンマットが配られます。

低アレルゲンとは書かれていませんが、おこさまカレーも小麦不使用です。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

乳・小麦・卵を使わないハンバーグ

CoCo壱番屋の低アレルゲンメニュー

日本のカレー専門店最大手のCoCo壱番屋では、食物アレルギーでも食べられる専用のメニューが用意されています。

配膳の際の混入を防ぐため、パウチに入った状況で提供されるので、アレルギーに対する意識は高めのようです。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

特定原材料を含まないカレー

モスバーガーの低アレルゲンメニュー

ハンバーガーチェーンのモスバーガーでは、ファーストフードでは珍しいアレルギー対応メニューが用意されています。

サイト上でアレルゲンの絞り込み検索もできます。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンバーガー<ポーク>

低アレルゲンドッグ<ポーク>

大戸屋の低アレルゲンメニュー

和定食のチェーン店・大戸屋。

低アレルゲンとの記載はありませんが、お子様野菜カレーには特定原材料は含まれていません。

その他にも、小麦を使用しない単品メニューがたくさんあるので、定食をカスタマイズすることも可能。

アレルゲンの検索機能もあるので使いやすいサイトになっています。

大麦の使用についてはメニューごとに確認が必要です。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

お子様野菜カレー

ケンタッキーフライドチキンの低アレルゲンメニュー

KFCで取り扱いのある低アレルゲンメニューは1品。

取り扱いのある店舗が限られているので、事前の確認が必要です。

数は少ないですがスモークチキンなどの小麦不使用メニューもあります。

公式サイトのアレルギー情報はこちらから

低アレルゲンチキンプレート

低アレルゲンメニューが確認できなかったフェミリーレストラン・ファーストフード店

    • サイゼリヤ
    • ファーストキッチン
    • マクドナルド
    • 松屋
    • 和食さと

まとめ

調べれば食物アレルギーを想定したメニューを提供しているレストランはたくさんあります。

コンタミネーションや大麦の使用に気をつけながら、楽しいグルテンフリーの外食ライフの参考になれば幸いです

関連記事

  1. 東京のグルテンフリーパン屋「米魂」で小麦アレルギーが注意すべき点

  2. グルテンフリーのおやき?新宿御苑前のおやきカンパニーのグルフリ事情をレビュー

  3. グルテンフリーでも食べられる傾向にある居酒屋メニュー【小麦アレルギー・セリアック】

  4. 【グルテンフリーとチェーン店】ココ壱番屋で食物アレルギー専用カレーを食べてきた

  5. グルテンフリーのお好み焼きが食べられるレストラン千房 | 小麦アレルギー・セリアックの外食メモ

  6. グルテンフリーのおしゃれカフェ「Where is a dog」に行ってみた【セリアックのレストランレビュー】