グルテンフリーパンをふるさと納税で大量ゲット!ニッポンハムの米粉パンセット

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ

今日はふかふかの米粉パンについてだよ。

普通のパンは食べられませんが、セリアックや小麦アレルギーの人にも米粉パンというオプションがあります。

タイナイマイセンは馴染みのある米粉パンだと思いますが、ハムやソーセージの大手メーカーとして知られるニッポンハムも、実は米粉パンを製造しています。

同社が開発・製造・販売している米粉パンは山形県酒田の「はえぬき」を100%使っているとのこと。

こちらの米粉パン、公式サイトで買えるのはもちろんですが、実はふるさと納税の返礼品としてもらうことも可能なんです。

グルテンフリーパン「みんなの食卓」シリーズ

山形県酒田市にふるさと納税をすると、日本ハムから販売されている「みんなの食卓」シリーズの米粉パン数種類が送られてきます。

2017年の返礼品は四種類の計5品目でした。

  • 米粉パンスライス
  • 米粉のパンケーキ(メープル)
  • お米で作ったまあるいパン
  • お米で作ったしかくいパン

冷凍された状態で届くので、食べたいときに数十秒レンジでチンするだけで、おいしい米粉パンが食べられます。

【ふるさと納税】みんなの食卓 米粉パンセット

多少のばらつきはありますが、基本的な材料は↓

米粉(国産)、なたね油、砂糖、食塩、ドライイースト/トレハロース、増粘多糖類

無添加とは言えないものの、かなりシンプルな原材料ですね。

タイナイとニッポンハムの比較

タイナイというのは、成城石井などでも売っている米粉パンのことで、我が家でも定期的に購入しているのですが、ニッポンハムの米粉パンとちょっと比べてみました。

https://un-gluten.com/glutenfree-bread

両方を食べた感想としては、タイナイの米粉パンの方が油分が多めで、ニッポンハムの方がモチモチ。

また、タイナイはトースト専門なのに比べて、日本ハムはレンジでチンすればそのまま食べられるのでサンドイッチにも使えて便利。

ただ、ニッポンハムの米粉パンはかなり小さいので、サイズ的に物足りないサンドイッチになるかもしれません。

ちなみに、二つの値段を比較すると↓の感じになります。

ニッポンハムの米粉パン:¥513(340g)

タイナイのコシヒカリパン:¥499(380g)

タイナイの方が少し量が多くて安いので、若干お得かな?という感じです。

ヨネキチ

値段は変動する可能性があるからあくまで参考程度にとどめてね。

ニッポンハムの米粉パン購入方法

店舗では見たことがないニッポンハムの米粉パンですが、公式サイトやその他の通販サイト、またはふるさと納税で買うことができます。

楽天でもふるさと納税を取り扱っているようなので、楽天アカウントを持っている人は便利ですね。

ヨネキチ

ヨネキチ家は、二年連続ふるさと納税の返礼品としてもらってるよ。


ちなみに、2016年のふるさと納税では↓の写真が全て入っていたので、計5品だった2017年は明らかにグレードダウンしているのが残念。

でも、返礼品を豪華にし過ぎて寄付金が目減りするのでは本末転倒なので、2018年も引き続き寄付を続けたいと思います。

我が家の2017年のふるさと納税品は、上記の米粉パン、カニ、お魚チップス、下の写真のグルテンフリースイーツセットでした。

お魚チップスに関しては、別記事にしています。

ヨシオ

お魚チップスは激うまだったぞ。

https://un-gluten.com/glutenfree-osakanachips

ヨネキチ

かまぼこ屋さんのお魚チップスなんだって。ぜひ読んでみてね。

関連記事

  1. 小麦アレルギー対応の災害・震災時の備蓄保存食 | グルテンフリーの非常食対策

  2. グルテンフリービールのまとめ情報【小麦アレルギー・セリアック】

  3. グルテンフリーがつらい・続かない時に便利な冷凍食品まとめ【小麦アレルギー・セリアック用】

  4. 【グルテンフリーのお菓子】無印良品の進化を続けるスナックがオススメの理由

  5. 千房のグルテンフリーの冷凍お好み焼きをセリアックが食べてみた感想

  6. 【グルテンフリーの米粉餃子】餃子計画の冷凍食品でかしこく時短!