グルテンフリーの人がびっくりドンキーに行くべきたった一つの理由

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ

びっくりドンキー行ったことある?

全国展開しているハンバーグレストランの「びっくりドンキー」で、アレルギー対応をしているメニューがあると聞き先日行ってきました。

そして行ってびっくり。

びっくりドンキーは、かなり本気でアレルギー対応に取り組んでいました。

自分の中での「外食セーフリスト」に追加されたこのファミリーレストランの取り組みについて広めたい!

というわけで、今日はびっくりドンキーのアレルギー対応事情について記事にしたいと思います。

グルテンフリーのハンバーグ@びっくりドンキー

びっくりドンキーには、食物アレルギートップ3である「乳・小麦・卵」を使わないハンバーグメニューがあります。

ヨネキチ

その名も「乳・小麦・卵を使わないハンバーグ」w。

米粉パン粉を使用し、アレルギーメニュー用の工場を稼働させた上で、調理器具も専用のものを用意しているとのこと。

びっくりドンキーのアレルギーに対する姿勢が嬉しいこちらのメニューですが、一時販売を休止していたとの告知がサイトに出ていました。

提供方法の検証を続けた結果、準備が整ったので販売を再開したのが2017年6月。

今回レストランに行って、その「提供方法の検証」の結果を垣間見た気がしました。

グルテンフリーハンバーグの注意事項

手渡されたメニューの一番最初のページがこのハンバーグだったので、びっくりドンキーがこのハンバーグをかなり推しているのが伺えます。

  • このハンバーグは湯煎して提供します。グリドルでは焼成しておりません。
  • びっくりドンキー内で洗浄された器具・食器を使用します。
  • 調理過程でのアレルギー物質の二次混入の可能性を全て防ぐことはできません。
  • こちらの商品には「はちみつ」を使用しています。
  • こちらのハンバーグへの「トッピング」は、商品の特性上お断りしております。ご了承ください。
  • お客様の症状の程度・体調により、アレルギー物質の微量な混入でも発症する場合がございます。過敏な方・症状が重篤な方はご注意ください。
  • こちらの商品は提供に20分以上お時間を頂戴いたします。

と注意書きに書かれています。

自分的には問題ないと判断した上で、早速オーダーしました。

グルテンフリーハンバーグを食べた感想

「乳・小麦・卵を使わないハンバーグ」にはMサイズとSサイズがあります。

ハンバーグの大きさは両方とも130グラムなので、ご飯とサイドの量が違う模様。

びっくりドンキーの配慮として、お皿の下に敷いてある紙のランチョンマットは、このメニューをオーダーした人にだけ配られます

配膳する時の間違えを予防する配慮が、「提供方法の検証」の一環でしょうか。

出されたハンバーグを早速食べてみました。

[chat face=”https://un-gluten.com/wp-content/uploads/2017/10/glutenfree_main_icon_edited_80-min.png” name=”ヨネキチ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]おいしい…![/yswp_speech_balloon]

アレルギー対応食というのは時として微妙な味になりやすいのですが、これは普通に美味しいハンバーグ。

「普通」のハンバーグのように美味しいというのは、除去食としては快挙になります。

しかも、アレルギー対応メニューが子供用しかない他のファミレスと違い、「普通」の大人のメニューとしてオーダーできるというのもうれしい。

ちなみに、一緒のお皿に盛られているサラダの中身は「大根、レタス、きゅうり、人参、ミニトマト」で、2種類のドレッシングにも小麦は使用されていませんでした。

原材料に「アミノ酸」が使用されているので、気になる人はいるかもしれませんが、お手頃価格で、完全無添加の料理を提供するのは厳しいと思います。

ヨシオ

Sサイズワンコインって、安っ!。

私もアミノ酸の味は少し苦手なのですが、許容範囲としておいしくいただきました。

びっくりドンキーのグルテンフリー事情まとめ

ファミレスのびっくりドンキーで提供されている、アレルギー対応のハンバーグは、大人もおいしく食べられる素敵なメニューでした。

ただ、グルテンフリーの可能性は高いですが、明記はされていないので敏感に反応する方はご注意ください。

ヨネキチ

とりあえず自分は大丈夫だったけどね。

びっくりドンキーのアレルギーに対する姿勢は好感が持てるし、全国チェーン店が本気でアレルギーに取り組んでくれるのはとてもありがたいです。

遊び心溢れるびっくりドンキーの内装は大人でも楽しいと思うので、まだ行ったことがない方はオプションとして検討してみてはいかがでしょうか?

ヨシオ

他のファミレス記事もあるぞ↓

https://un-gluten.com/glutenfree-saizeriya

https://un-gluten.com/glutenfree-ootoya

https://un-gluten.com/glutenfree-soupstocktokyo

 

関連記事

  1. 東京のグルテンフリーパン屋「米魂」で小麦アレルギーが注意すべき点

  2. グルテンフリーのおやき?新宿御苑前のおやきカンパニーのグルフリ事情をレビュー

  3. グルテンフリーでも食べられる傾向にある居酒屋メニュー【小麦アレルギー・セリアック】

  4. 【グルテンフリーとチェーン店】ココ壱番屋で食物アレルギー専用カレーを食べてきた

  5. グルテンフリーのお好み焼きが食べられるレストラン千房 | 小麦アレルギー・セリアックの外食メモ

  6. グルテンフリーのおしゃれカフェ「Where is a dog」に行ってみた【セリアックのレストランレビュー】