グルテンフリーの外食

【グルテンフリーの外食】びっくりドンキーのおいしいアレルギー対応メニュー

全国展開しているハンバーグレストランの「びっくりドンキー」には、大人も楽しめるアレルギー対応メニューがあります。

小麦アレルギーや私のようなセリアック病の人にとって、安心して外食できるレストランはとっても貴重。

というわけで、今日はびっくりドンキーのアレルギー対応事情について記事にしたいと思います。

グルテンフリーのハンバーグ@びっくりドンキー

びっくりドンキーには、食物アレルギートップ3である「乳・小麦・卵」を使わないハンバーグメニューがあります。

その名も「乳・小麦・卵を使わないハンバーグ

そのままですが、とてもわかりやすくて良いですよね。

  • 米粉のパン粉を使用している
  • アレルギーメニュー用の工場を稼働させている
  • 専用の調理器具を用意している

びっくりドンキーのアレルギーに対する姿勢が嬉しいこちらのメニューですが、一時販売を休止していたそうです。

提供方法の検証を続けた結果、準備が整ったので販売を再開したのが2017年の6月。

今回レストランに行って、その「提供方法の検証」の結果を垣間見た気がしました。

グルテンフリーハンバーグの注意事項

手渡されたメニューの一番最初のページがこのハンバーグでした。

  • このハンバーグは湯煎して提供します。グリドルでは焼成しておりません。
  • びっくりドンキー内で洗浄された器具・食器を使用します。
  • 調理過程でのアレルギー物質の二次混入の可能性を全て防ぐことはできません。
  • こちらの商品には「はちみつ」を使用しています。
  • こちらのハンバーグへの「トッピング」は、商品の特性上お断りしております。ご了承ください。
  • お客様の症状の程度・体調により、アレルギー物質の微量な混入でも発症する場合がございます。過敏な方・症状が重篤な方はご注意ください。
  • こちらの商品は提供に20分以上お時間を頂戴いたします。

こんな注意書きが書いてあります。

全て問題ないと思ったので、早速オーダーしました。

グルテンフリーハンバーグを食べた感想

「乳・小麦・卵を使わないハンバーグ」にはMサイズとSサイズがあります。

ハンバーグの大きさは両方とも130グラムなので、ご飯とサイドの量が違う模様。

びっくりドンキーの配慮として、お皿の下に敷いてある紙のランチョンマットは、このメニューをオーダーした人にだけ配られます

配膳する時の間違えを予防する配慮が、「提供方法の検証」の一環でしょうか。

メニューの構成は、ハンバーグ・ご飯・サラダ・ドレッシングの4点。

アレルギー対応食というのは時として微妙な味になりやすいですよね?

でもこれは、普通のハンバーグとなんら変わらない美味しいお料理でした。

「普通」のハンバーグのように美味しいというのは、除去食としてはすごいことです。

しかも、アレルギー対応メニューが子供用しかない他のファミレスと違い、「普通」の大人のメニューとしてオーダーできるというのもうれしい。

一緒のお皿に盛られているサラダの中身は「大根、レタス、きゅうり、人参、ミニトマト」

2種類のドレッシングにも小麦は使用されていませんでした。

アレルギー対応食が、Sサイズとはいえワンコインで食べられるのは、コスパ最強だと思います。

びっくりドンキーのグルテンフリー事情まとめ

 

びっくりドンキーで提供されている、アレルギー対応のハンバーグは、大人でもおいしく食べられるすてきなメニューでした。

グルテンフリーの記載こそないものの、アレルギーに対する配慮はされているので、まだ行ったことがない方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

子供も大人も一緒に楽しめる、遊び心に溢れたびっくりドンキー。

この記事が、おいしい外食オプションにつながるきっかけになれば嬉しいです(^^)

【グルテンフリーの外食】レストランで何が食べられる?小麦不使用料理のまとめグルテンフリーの食事制限があると、外食のハードルが高く感じてしまいますよね。 グルテンフリーの外食は簡単ではありませんが、それでも...
【グルテンフリーの外食】ファミレス18社のアレルギー対応メニュー総まとめファミレスやファーストフードには、「*低アレルゲンメニュー」を用意しているところがたくさん。 子供用のメニューでも、事情を説明すれ...
ABOUT ME
ヨネキチ
関東在住のフルタイム兼業主婦。20代後半でセリアック病と診断されたため、現在は完全グルテンフリーを楽しむ毎日です。 シンプルで身体にいいものが好きだけど、たまにジャンクも食べます。