グルテンフリーの食品

グルテンフリービールのまとめ情報【小麦アレルギー・セリアック】

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ
ヨネキチ
ビールの主原料は麦芽だよ。

今回は、日本で買える日本製の「グルテンフリービール」について、ご紹介しようと思います。

基本的にビールには麦芽が使われているので、必然的に小麦アレルギーやセリアックの人にはNGですよね。

海外では「グルテンフリー」になるように作られているビールがたくさんありますが、日本のビールでその表記があるものにはお目にかかったことがありません。

そんな中、日本でも「第3のビール(新ジャンル)」というカテゴリーに入るビールには、実は小麦不使用のものがいくつかあります。

麦由来の成分を使用しない「第3のビール(新ジャンル)」にはどんなものがあるか、いろいろ調べてみました。

結論から言うと↓のビールが、グルテンフリーの記載こそないものの、グルテン不使用になります。

まとめ
  • グルテンフリーのビール①:のどごし生(キリン)
  • グルテンフリーのビール②:極ZERO 爽快ゼロ(サッポロ)
  • グルテンフリーのビール③:ドラフトワン(サッポロ)
  • グルテンフリーのビール④:ジョッキ生(サントリー)

そもそも第3のビールとは何なのか?ビールの大手会社に問い合わせた調査結果と一緒に、ご紹介していきたいと思います。

ヨシオ
ヨシオ
ちなみに、「第3のビール」はマスコミが作った造語らしいぞ。

グルテンフリーのビール?第3のビールとは

そもそも、「第3のビール」とは何なのでしょうか?

ビール」「発泡酒」「第3のビール(新ジャンル)」の、それぞれの違いについて下記にまとめてみました。

  • ビールの定義:原料に占める麦芽比率が50%以上のもの。
  • 発泡酒の定義:原料に占める麦芽比率が50%未満のもの。
  • 第3のビールの定義:麦芽以外の原料で作られたもの。または、発泡酒にスピリッツを加えたもの。

「第3のビール(新ジャンル)」は2つに分類されます。

  • その他の醸造酒(発泡性)
  • リキュール(発泡性)

「リキュール」には発泡酒が使われるためグルテンフリーにはなりませんが、「その他の醸造酒」に使われるのは麦芽以外の原料。

私たちが飲める可能性があるのは、必然的にこの「その他の醸造酒」になります。

のどごし生の公式サイトにも、ちゃんと「その他の醸造酒(発泡性)」の記載が

それでは具体的に、どの「第3のビール」がグルテンフリーなのかをご紹介しますね。

まとめ

▪️グルテンフリーじゃないもの:ビール、発泡酒、リキュール

▪️グルテンフリーの可能性があるもの:第3のビールの「その他の醸造酒」

グルテンフリーのビール①:のどごし生(キリン)

のどごし生」がグルテンフリーかどうかを、お客様相談室に問い合わせてみました。

公式な回答としては、同じ工場内で麦芽を取り扱っていること、またグルテンフリーのテストをしていないことから、「グルテンフリー」とは言えないとのこと。

基本的に製造元に問い合わせた時の模範回答なので、とっても予想内の回答です。

ただ原材料にグルテン成分が見当たらないこと、グルテンフリーレンストランでも取り扱われていることなどから、一番「グルテンフリー」として一般認知されているビールだと思います。

原材料:ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス

グルテンフリーのビール②:極ZERO 爽快ゼロ(サッポロ)

サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ」も、大麦・小麦・麦芽を使用していない第3のビールで、糖質・プリン体・人工甘味料0に加え、低カロリーを謳ったビールです。

お客様相談室の回答はキリン同様、小麦由来のものは使用していないものの、グルテンフリーとは言えないとのことでした。

ただグルテン由来の原材料の代わりに、エンドウたんぱくを使っているので、非公式にはグルテンフリーと言えるのではないかなと思います。

原材料:ホップ・糖類・水溶性食物繊維・エンドウたんぱく・カラメル色素

グルテンフリーのビール③:ドラフトワン(サッポロ)

小麦不使用ビールとしての認知度は低い気がしますが、「ドラフトワン」も上記の極ZEROと同じく、エンドウたんぱくから作られているビールです。

こちらもグルテンフリーの保証はできないとの回答をもらっていますが、グルテン由来の原材料は見当たりません。

でもアレルギー反応等が心配な人は、ご自身の体調と相談しながら判断してくださいね。

原材料:ホップ・糖類・エンドウたんぱく・カラメル色素

サッポロ ドラフトワン 350ml×24本

サッポロ ドラフトワン 350ml×24本

2,648円(02/15 17:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

グルテンフリーのビール④:ジョッキ生(サントリー)

サントリーからも小麦由来のグルテンを含まない、「ジョッキ生」という第3のビールが出ています。

主原料はとうもろこしで、上記2社に比べると原材料がちょっと複雑。

添加物や人工甘味料が苦手な人にはあまりオススメしませんが、グルテンフリーかどうかの観点から言うと、見る限りグルテン由来のものはないようです。

原材料:ホップ・コーン・糖類・醸造アルコール・食物繊維・酵母エキス・コーンたんぱく分解物・香料・酸味料・カラメル色素・クエン酸K・甘味料(アセスルファムK)・炭酸ガス含有

サントリー ジョッキ生 350ml缶×24本

サントリー ジョッキ生 350ml缶×24本

2,798円(02/15 17:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

グルテンフリーのビール⑤:海外の麦芽入りビール

グルテンフリーが進んでいる欧米では、グルテンフリーと明記されたビールが色々と売られています。

日本のアマゾンでもいくつかヒットしますが、気になるのは原材料に「麦芽」の記載があるところ。

本来であれば「麦芽」はグルテンを含むので「グルテンフリー」にはならないはずですが、欧米には「グルテンフリー」と記載するための基準値というものが存在します。

グルテン含有量がゼロでなくても、ある基準値を下回れば「グルテンフリー」と明記できるため、実は少量のグルテンを含んだ商品が「グルテンフリー」として売られているのが現状です。

製造工程でグルテン除去をした商品を「グルテンフリー」と呼ぶことに関しては、欧米の一部のセリアック病の人からは反対の声も上がっていたりと、海外のグルテンフリー界隈もたまに炎上していたりします。

とりあえず、グルテンフリーをどれくらい厳密にするかは個人差があって、グルテンの許容範囲も人それぞれ。

無理のない範囲でグルテンフリーをぜひ楽しんでくださいね。

グルテンフリーの「ビールテイスト飲料」

おまけ情報として、「ビールテイスト飲料」についてもまとめておきます。

「ビールテイスト飲料」というのは、ビール風味のノンアルコールビールのことです。

調べたところ、麦芽を含むものもありますが、グルテンフリーだと思われるものもいくつかありました。

下記のノンアルビールが、この記事を書いている時点では、原材料に麦由来のものが入っていない商品になります。

  • アサヒ ドライゼロ
  • アサヒ ドライゼロフリー
  • アサヒ ヘルシースタイル
  • キリン パーフェクトフリー
  • サッポロ プラス

グルテンフリービールのまとめ

今回ビール大手4社の「キリン、サッポロ、アサヒ、サントリー」にメールを書きましたが、どこもグルテンフリーとして確証のあるビールはないとのこと。

ちなみにアサヒに関しては「第3のビール」の全てに麦由来の何かが入っていました。

というわけで、以上が小麦アレルギーやセリアックの人たちが飲める可能性のある「ビール」系飲料のまとめになります。

何かの参考になればとっても嬉しいです(^^)

ヨシオ
ヨシオ
お酒はハタチから。
ヨネキチ
ヨネキチ
こんな記事もあるよ↓
【グルテンフリー&カフェインフリーの飲み物】お店で買える小麦不使用のお茶まとめこんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 毎日の水分補給には、甘い飲料水よりも「お水」や「お茶」がおすすめです。 ...
グルテンフリーは「おしゃれダイエット」じゃなくて死活問題的な話こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 数ヶ月前アメリカで放送されたコマーシャルが、小麦アレルギーやセリアックの...
ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)

コメントをどうぞ(^ ^)

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »