小麦不使用ビールのまとめ情報|のどごし生はグルテンフリー?

一般的なビールの主原料は麦芽になります。

そのためグルテンフリーにはなりませんが、実は日本でも麦不使用のビールがたくさんあるのをご存知ですか?

海外の「グルテンフリービール」とは違う、日本の「第3のビール(新ジャンル)」というカテゴリー。

今日の記事は、日本で買える日本製の「グルテンフリービール事情」についてご紹介していきます!

グルテンフリーのビール?第3のビールとは

「ビール」や「発泡酒」はよく聞きますが、「第3のビール(新ジャンル)」とは?

聞きなれない方も多いと思うので、それぞれの違いを簡単にまとめてみました。

カテゴリー 定義
ビール 原料に占める麦芽比率が50%以上のもの
発泡酒 原料に占める麦芽比率が50%未満のもの
第3のビール(新ジャンル) 麦芽以外の原料で作られたもの、または発泡酒にスピリッツを加えたもの

  • その他の醸造酒(発泡性)
  • リキュール(発泡性)

の2つに分類される

「リキュール」には発泡酒が使われるためグルテンフリーにはなりませんが、「その他の醸造酒」に使われるのは麦芽以外の原料。

必然的に、グルテンフリーの可能性があるのは「その他の醸造酒」になります。

ビールとは少し違う「その他の醸造酒」ですが、麦不使用の商品はどれくらいあるのでしょうか。

グルテンフリーのビール①:のどごし生(キリン)

のどごし生の公式サイトにある「その他の醸造酒(発泡性)」の記載

のどごし生」の原材料は「ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス」と、とてもシンプル。

酵母エキスは大麦由来の場合が多いので、お客様相談室に問い合わせてみたところ

キリンビールの新ジャンル商品『キリン のどごし<生>』につきましては、麦芽を使用しておりませんので、小麦や大麦に由来するグルテンが含まれておりません。
しかしながら、麦芽を主原料とするビール等と同じ工場で製造をしており、また、キリンビール商品はグルテンの含有量についての検査を行っていないため、『キリン のどごし<生>』がグルテンフリー商品である、というご案内はいたしていない状況でございます。

との回答をもらいました。

製造元に問い合わせた時の模範回答なので、ある意味想定内の回答です。

コンタミネーションの可能性は残りますが、グルテンフリーレンストランでも取り扱われているこちらの「第3のビール」

おそらく一番「グルテンフリー」として認知されている「ビール」の一つだと思います。

スーパーやコンビニで気軽に買えるのも嬉しいですね。

キリン のどごし〈生〉 [ 350ml×24本 ]

キリン のどごし〈生〉 [ 350ml×24本 ]

2,450円(08/20 06:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

グルテンフリーのビール②:極ZERO 爽快ゼロ(サッポロ)

サッポロ 極ZERO 爽快ゼロ」も、大麦・小麦・麦芽を使用していない「第3のビール」になります。

原材料は「ホップ・糖類・水溶性食物繊維・エンドウたんぱく・カラメル色素」と、グルテン由来のものはなさそうです。

糖質・プリン体・人工甘味料0に加え、低カロリーを謳っているので

「お腹周りが…」

という人には朗報ですね。

こちらも「麦由来のものは未使用、でもグルテンフリーとは言えない」との回答をもらいましたが、非公式にはグルテンフリーの可能性は高いと思います。

グルテンフリーのビール③:ドラフトワン(サッポロ)

ドラフトワン」も上記の極ZEROと同じく、エンドウたんぱくから作られている「第3のビール」です。

こちらも、お客様相談室の回答はグルテンフリーの保証はできないとのこと。

ただ、グルテン由来の原材料は見当たらないので、飲めるビール候補として検討してみてはいかがでしょうか?

原材料:ホップ・糖類・エンドウたんぱく・カラメル色素

グルテンフリーのビール④:ジョッキ生(サントリー)

サントリーからも小麦由来のグルテンを含まない、「ジョッキ生」という第3のビールが出ています。

主原料はとうもろこしで、上記2社に比べると原材料が少し複雑。

添加物や人工甘味料が苦手な人にはあまりオススメしませんが、原材料をパッと見る限りグルテン由来のものはなさそうです。

ただ酵母エキスは大麦由来の場合があるので、グルテンに敏感に反応する人は要注意。

そこまでストイックにグルテンフリーをする必要がないのであれば、こちらの「ビール」もグルテンフリー候補に入れてもいいかもしれませんね。

原材料:ホップ・コーン・糖類・醸造アルコール・食物繊維・酵母エキス・コーンたんぱく分解物・香料・酸味料・カラメル色素・クエン酸K・甘味料(アセスルファムK)・炭酸ガス含有

サントリー ジョッキ生 350ml缶×24本

サントリー ジョッキ生 350ml缶×24本

2,798円(08/20 06:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

グルテンフリーのビール⑤:海外の麦芽入りビール

グルテンフリーが進んでいる欧米では、グルテンフリーと明記されたビールが売られています。

日本のアマゾンでもいくつかヒットしますが、気になるのは原材料に「麦芽」の記載があるところ。

本来であれば「麦芽」はグルテンを含むので「グルテンフリー」にはならないはずですが、欧米には「グルテンフリー」と記載するための基準値があります。

グルテン含有量がある基準値を下回れば「グルテンフリー」と明記できるため、実は少量のグルテンを含んだ商品が「グルテンフリー」として売られているのが現状です。

「グルテンフリー」のあり方に関しては、海外のグルテンフリー界隈でもたまに炎上しているので、色々意見が分かれるところ。

ただ、グルテンフリーの仕方や許容範囲は人それぞれなので、無理のないマイルールの中で、グルテンフリーライフを各自楽しめればいいなと思います。

オミッション ペールエール 355ml 6本セット

オミッション ペールエール 355ml 6本セット

2,850円(08/20 06:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

グルテンフリーの「ビールテイスト飲料」

おまけ情報として、「ビールテイスト飲料」についてもまとめてみました。

「ビールテイスト飲料」というのは、ビール風味のノンアルコールビールのことです。

調べたところ、麦芽を含むものもありますが、グルテンフリーだと思われるものもいくつかありました。

下記のノンアルビールが、この記事を書いている時点では、原材料に麦由来のものが入っていない商品になります。

  • アサヒ ドライゼロ
  • アサヒ ドライゼロフリー
  • アサヒ ヘルシースタイル
  • キリン パーフェクトフリー
  • サッポロ プラス

グルテンフリービールのまとめ

今回ビール大手4社の「キリン、サッポロ、アサヒ、サントリー」にメールを書きましたが、どこもグルテンフリーとして確証のあるビールはないとのことでした(アサヒ製品に関しては「第3のビール」全てに麦由来の成分が入っていたので除外)

また、記事は執筆時の情報を元に書いていますが、突然原材料が変わることもあるため、心配な方は飲む前に必ず確認をお願いいたします。

ビール以外のお酒のグルテンフリー情報が気になる方は、下記の記事を読んでみていただけると嬉しいです↓

≫ グルテンフリー傾向のお酒とビールのまとめ

関連記事

  1. 【グルテンフリーの和菓子】小麦アレルギーの人が喜ぶ日本のお土産・手土産情報 まとめ

  2. 【グルテンフリー食品】千房のグルフリ冷凍お好み焼きを セリアックが食べてみた

  3. 【グルテンフリー食品】スーパーで買える大豆のクッキー|小麦アレルギーでも食べられるエナジーバー

  4. グルテンフリーの米粉スナック菓子|小麦アレルギーも嬉しいふるさと納税のお魚チップス

  5. 小麦アレルギー対応のおいしい米粉ドーナツ|一番のおすすめはグルテンフリーのコパドーナツ

  6. グルテンフリーの食事をかしこく時短!小麦アレルギー対応の冷凍食品・餃子編