グルテンフリー傾向のお酒とビールのまとめ

グルテンフリーでもお酒を楽しむことは十分可能です。

麦芽を使うビールがNGなのは割と有名ですが、それでは他のお酒はどうなのでしょうか。

メジャーなお酒とグルテンフリーの関係性について調べてみました。

お酒のグルテンフリー傾向 早見表

下記は一般的なお酒の種類と、通常使われる主原料についての表になります。

商品によって原材料に違いがあるので、特に小麦アレルギーやセリアックの人は必ず原材料を確認してくださいね。

お酒の種類 一般的な主原料・備考
日本酒
焼酎 米(麦麹を使った焼酎と麦焼酎はグルテンを含む可能性あり)
ワイン ぶどう
シャンパン ぶどう
コニャック ぶどう
ブランデー 果実
ラム サトウキビ
テキーラ アガベ
サワー ベースになる蒸留酒の種類による
カクテル ベースになる蒸留酒の種類による
チューハイ ベースになる蒸留酒の種類による
ビール 麦芽
スコッチ 麦芽など
ウィスキー 大麦・ライ麦などグルテンを含むものが多い
ジン 大麦・ライ麦などグルテンを含むものが多い
ウォッカ 大麦・ライ麦などグルテンを含むものが多い
バーボン 大麦・ライ麦などグルテンを含むものが多い
ハイボール ウィスキーがベースなのでグルテンを含む可能性あり

基本的にグルテンフリー傾向にあるお酒

リストの緑でハイライトされているお酒が、基本的にグルテンを含まないものになりますが、下記の場合はグルテンが入っている可能性があります。

● 焼酎に使用される麹が麦由来の場合
● 麦焼酎など、麦を原料とした焼酎の場合
● グルテンを含む添加物が使われた場合

高いお酒になるほど添加物が少なくなるため、テキーラもアガベが100%ならグルテンフリーになります。

グルテンフリーかも?解釈次第のお酒

黄色でハイライトされているお酒は、ベースになるお酒の種類によってグルテンが含まれるかが決まります。

ただ、蒸留酒は原材料にグルテンが含まれていたとしても、蒸留の過程でグルテンはなくなるとの見解もあるため、グルテンフリーと考えるかは個人差がありそうです。

代表的な蒸留酒として、焼酎、ウォッカ、ウィスキーなどなど。

ストイックにグルテンフリーをする必要がないのであれば、蒸留酒をセーフリストに加えることを検討してみてもいいかもしれませんね。

基本的にグルテンが含まれているためNGのお酒

赤枠のお酒は基本的に避けたほうがいいものになりますが、ウォッカやウィスキーなどの蒸留酒は先ほどの理由でグルテンフリーと考える人もいます。

ビールに関しては麦芽が主原料の上、蒸留酒のようにグルテンが消えるという見解も通用しないため、基本的にはNG。

ただ、麦芽以外の原料で作られた「第3のビール」と呼ばれる飲料の中には、グルテンフリーの可能性がある商品がいくつかあります。

また、海外からの輸入品でグルテンフリーとして売りに出されているビールも存在しますが、こちらは手に入れにくい上にかなり高価です。

グルテンフリーのビールに関しては、以前記事にしていますので、是非参考にしてみてください。

グルテンフリーのお酒 まとめ

原材料を確認する手間はありますが、傾向さえ知っていればグルテンフリーでもお酒を楽しむことは可能なので、リストが納得のいくグルテンフリーライフの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


関連記事

  1. 【グルテンフリーの教科書】グルテンとは?グルテンフリーダイエットをするのに必要な情報まとめ

  2. 【図解付き】小麦アレルギー・セリアック・グルテン不耐性|メカニズムの違いについて

  3. 【図解付き】グルテンフリー、ノングルテン、超低グルテン、グルテン不使用の違いについて

  4. おしょうゆがグルテンフリーと言われても除去を続けるべき理由

  5. 【小麦アレルギー・セリアック】特定原材料の制度改正をしてほしい