手土産に最適なグルテンフリーの洋菓子スイーツ!おしゃれで美味しいモロゾフのプリン

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

ヨネキチ

モロゾフのプリン食べたことある?

手土産にできるもので、グルテンフリーって実はいろいろあって、以前和菓子については記事にしたこともあります。

今回は、私のオススメするおいしい洋菓子の「プリン」についてご紹介します。

同僚の誕生日に買ったプリン

グルテンフリーの洋菓子が買えるお店:モロゾフ

洋菓子の手土産で真っ先に思い浮かぶものはケーキやクッキーですが、もちろん小麦由来のためグルテンフリーにはなりません。

そのため、私が手土産としてよく持参するのは、デパートや百貨店でよく見かける「モロゾフ」というお店のプリンになります。

神戸に本社を置く高級洋菓子店のモロゾフは、チョコレートやチーズケーキなどでも有名ですが、ガラスの器に入った濃厚なプリンも看板商品のひとつです。

原材料やプリンへのこだわりに関しては、公式サイトで下記のように書かれています。

カスタードプリンの生地は厳選された牛乳、卵、砂糖、そしてわずかなバニラの香料のみで作られています。保存料を一切使用せず、じっくり蒸し焼きにし、卵が自然に固まる力だけを利用することで独特のなめらかな食感に。小さなお子さまからご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。

原材料が本当にシンプルなので、素材の味が楽しめるモロゾフのプリン。

グルテンフリーとは記載されていないので敏感な人はもちろん注意が必要ですが、セリアック病でグルテンが摂取できない自分が食べたところ、自覚できる症状は出ませんでした。

ヨネキチ

すっごく美味しかったよ。

グルテンフリーのモロゾフプリンの種類

一番人気なのは、定番の「カスタードプリン」のようですが、それ以外にも「とろ生カスタードプリン」や、「あまおういちごのプリン」、「京都宇治玉露のプリン」、「カスタードリッチプリン」、「チョコレートリッチプリン」などが公式サイトに記載されています。

季節によって商品の入れ替わりもあるようで、秋口に買った際には「パンプキンプリン」が売られていました。

時期や店舗によっては取り扱いがない商品もあるようなので、お目当のプリンがある場合は、事前にお店に確認してから行ったほうがいいかもしれません。

島根と沖縄を除き、全国各地に展開している店舗数は1100店舗以上あるそうなので、都市部にお住まいであればお近くにもきっとあると思います。

まとめ

私が調べた限りでは、モロゾフでは小麦を使っているプリンはありませんでした。

気になるお値段ですが、カスタードプリン325円、生クリームプリン378円と、少しお高め。

またロールケーキなどとは違い、買う個数をちゃんと把握する必要はありますが、余分なものが何も入っていないプリンの味は抜群に美味しいです。

百貨店や駅ビルに入っていることが多いモロゾフは、利便性も良いので同僚の誕生日プレゼントや友人宅への手土産などに良く利用しています。

プリン以外にも、小麦不使用のチョコレートやアイスなどもあるので、グルテンフリー土産のアイデアに行き詰まったら、検討して見てはいかかでしょうか?

ヨシオ

土産なら和菓子なんかもうまいぞ↓

https://un-gluten.com/glutenfree-sweets

https://un-gluten.com/glutenfree-wagashi

関連記事

  1. グルテンフリーのお菓子やカップ麺 ! カルディのおすすめ食品のまとめ

  2. 海外からグルテンフリーのお菓子やシリアルを個人輸入!セリアック患者がiHerbをオススメする5つの理由

  3. パルシステムのお試しセットはグルテンフリー!小麦アレルギーやセリアックの人が宅配を利用するべき理由

  4. グルテンフリー商品の取り扱いが多いお店のまとめ記事【保存版】

  5. 【グルテンフリー情報】自然派のお店ボンラスパイユのグルフリ事情@新宿

  6. グルテンフリー食品が棚いっぱいのわくわく広場!【小麦アレルギーとセリアックのススメ】