【グルテンフリーの外食】レストラン千房の米粉お好み焼きを セリアックがお店で食べてみた

グルテンフリーメニューがある、お好み焼きチェーンのお店があります。

お店の名前は「千房(ちぼう)

実際に食べてみた感想や考えられる改善点を、セリアック患者の観点から記事にしてみました。

グルテンフリーのお好み焼きを提供する「千房」について

千房は本社が大阪にある、お好み焼き専門店のチェーンレストランです。

普通のお好み焼き店ですが、一部の店舗でグルテンフリーのお好み焼きメニューがあります。

公式サイトのメニューにはグルテンフリーのお好み焼きは記載されていないので、取り扱い店舗に関してはこちらからどうぞ。

ただ最新情報は、お店に電話で確認したほうがいいと思います。

グルテンフリーのお好み焼き、でも要注意

ネットでは確認できなかったので不安でしたが、お店のメニューにはちゃんとグルテンフリーのお好み焼きがありました。

千房では各テーブルに鉄板があり、そこで調理済みのお好み焼きを温かいまま食べることができます。

ただ気になったのは、鉄板やヘラをよく見てみると、何かの小さなカスが…

何がこびりついているのかはわかりませんが、グルテンに敏感に反応する人は危険かなと思います。

私も一抹の不安はありましたが、とりあえず自分はアナフィラキシーショックで救急搬送される反応は出ません。

遅延性なので長期的なダメージは負いますが、速攻で死ぬ可能性はない!と割り切って、とりあえずオーダーしてみました。

お店の人にもコンタミネーションは防げないので、その点は大丈夫か念押しされています。

食べるのであれば、あくまでも自己責任。

私がアナフィラキシーを起こす小麦アレルギーを持っていたら、怖くて食べられなかったと思います。

グルテンフリーのお好み焼きがふわふわの秘密

左が友達がオーダーしたねぎのお好み焼き。

右が私のグルテンフリーのお好み焼き。

グルテンフリーの方がふっくりしてる?と言う感じで、見た目ではグルテンフリーと普通のお好み焼きの区別はつきません。

友達のお好み焼きにくっつかないように気をつけながら、食べてみました。

おいしい…

完全に普通のおいしいお好み焼きです。

ふわふわしていて、自宅で作る米粉お好み焼きと食感が全然違う。

お店の人いわく、話題のライスジュレを使っているため、普通のお好み焼きよりも食感はいいとのことでした。

本当においしいので、グルテンフリーの食事制限がない人も、一度食べてみてほしい味だと思います。

グルテンフリーのお好み焼きを安全に食べるための改善案

千房のグルテンフリーのお好み焼きは、文句なしに美味しかったです。

ただ、コンタミネーションへの配慮は改善の余地があると思いました。

  1. クッキングシートなどを使って、生地が直接鉄板につかないようにする
  2. グルテンフリー専用のヘラを用意する

キッチン内でのグルテン飛散は防げませんが、これでだいぶコンタミの量は減らせるはず。

グルテンフリーのメニューに感謝しつつ、もう一歩踏み込んだ改善を将来的に期待したいと思います

ちなみに、食べたあと少しだけ具合が悪くなりましたが、ひどい症状は出ませんでした。

千房が販売している冷凍お好み焼きは問題なく食べられたので、やはり調理環境なのかなと思います。

【↓千房さんから冷凍のグルテンフリーお好み焼きをもらいました↓】

≫ 千房のグルテンフリーの冷凍お好み焼きをセリアックが食べてみた感想

関連記事

  1. 【グルテンフリーの外食】小麦アレルギーでも食べられる居酒屋メニューまとめ

  2. 【グルテンフリーの外食】小麦アレルギーが行けるレストラン・スープストックトーキョー

  3. ミスタードーナツでグルテンフリー?!小麦アレルギーでも食べられるミスドの米粉ドーナツ

  4. グルテンフリーカレーがあるお店|小麦アレルギーでも外食できるココイチレストラン

  5. グルテンフリーの米粉パン屋「こめひろ」とおすすめ穴場スポットの紹介

  6. 新宿のグルテンフリーパン屋さん!マクロビ、ヴィーガン、ベジタリアンにも対応