グルテンフリーの外食

【グルテンフリーの外食】日本で食べる韓国料理の小麦不使用メニュー

「キムチ」や「ビビンバ」などに代表されるおいしい韓国料理。

そのほとんどには小麦が使われていますが、グルテンフリーの可能性がある料理が一つあります。

お粥」です。

いくつかの韓国料理レストランに行って検証してみたので、「妻家房」というレストランを例に、韓国料理を楽しむ方法をご紹介します。

グルテンフリー傾向の韓国料理は「お粥」

妻家房」という韓国料理のチェーン店は、東京を中心に10数店舗が全国にあります。

公式サイトにアレルギー成分表はありませんでしたが、私が食事をした店舗ではリストの用意がありました。

ほとんどのメニューに小麦が使われている中、このお店のお粥メニューはすべて小麦不使用。

妻家房とは別の韓国料理店では、ダシにグルテンが含まれているかもしれないということで、特別に塩で味付けしたものを作ってもらったこともあります。

事情を説明すれば特別に対応をしてもらえる場合もあるので、ダメ元で相談してみてもいいかもしれませんね。

自宅でグルテンフリーの韓国料理を食べる方法

韓国のおかゆは白玉入りのおかゆや、シーフードたっぶりのおかゆなど、種類も豊富でとっても美味しいです。

心も体もポカポカする栄養たっぷりのおかゆは、お店によってはグルテンフリーになるので、ぜひ食べられるメニューがないかお店に聞いてみてくださいね。

お粥以外の韓国料理については、お店で食べるのは難しいので、その場合は自分で作るのをおすすめします。

小麦粉の代わりに米粉を使い、あとは調味料さえ気をつければ大抵の料理はできるはず。

私もよく作りますが、モチモチの米粉チヂミは、本当に簡単で美味しいです(^^)

【グルテンフリーの外食】レストランで何が食べられる?小麦不使用料理のまとめグルテンフリーの食事制限があると、外食のハードルが高く感じてしまいますよね。 グルテンフリーの外食は簡単ではありませんが、それでも...
ABOUT ME
ヨネキチ
関東在住のフルタイム兼業主婦。20代後半でセリアック病と診断されたため、現在は完全グルテンフリーを楽しむ毎日です。 シンプルで身体にいいものが好きだけど、たまにジャンクも食べます。