グルテンフリーについて

おしょうゆがグルテンフリーと言われても、除去を続けるべきたった一つの理由

こんにちは。

セリアック病のヨネキチです。

パスタやパンが主食の欧米に比べて、 和食ならグルテンフリーにするのも簡単!

と、 小麦アレルギーやセリアック病になりたての頃に思った人は多いと思います。

もちろんヨネキチもその一人だよ。

そして和食には欠かせないお醤油に、実は小麦が使われていると知って、びっくりした人も多いはず

ネットでたくさんの情報があふれている中で、お醤油がグルテンフリーかを知りたくてこの記事を読んでくれているのではないかなと思っています。

厚労省が安全と言いつつも、セリアック病の私がなぜお醤油を除去し続けるのか。

今回は、小麦アレルギーやセリアックの人にとって、お醤油は安全かについて記事にしていきたいと思います。

お醤油がグルテンフリーといわれる理由

小麦を使わないグルテンフリーのおしょうゆ

一般的に市販されているお醤油は「大豆、小麦、塩」 から作られています。

普通に考えれば、 小麦が使われている時点でグルテンフリーとは言えませんよね。

でも、お醤油は「発酵の過程で小麦タンパク(グルテン)が分解されるので問題ない」との記載がネット上にはちらほらあります。

実際、厚生労働省のサイトには下記の記述があるため、一部の人には本当に問題ないのかもしれません。

小麦:醤油が生成される発酵過程で小麦タンパク は完全に分解される。このため基本的に小麦アレルギーであっても醤油を摂取することはできる。

ヨシオ
ヨシオ
厚生労働省が言うんだったら、大丈夫なんじゃん?

厚労省が安全と言っても醤油を除去するべき理由

一方で、小麦アレルギーテストを専門にしている会社からは、お醤油は安全ではないとの意見も出ています。

2017年、アメリカでNIMAというアレルギーテストキットが販売されました。

日本での正式販売は開始されていないため、あまり認知度は高くないと思いますが、携帯型の小さなテストキットで使い方も簡単。

お値段は3万前後と安くはないものの、アメリカのセリアックコミュニティーではかなり有名なキットです(テストの正確性を疑う声も多いですが)

このNIMAという会社が発表した見解によれば、お醤油はやはり除去するべきものとして位置づけられています。

厚生労働省と同じように、「醤油は発酵の段階で小麦タンパクを分解する」との理解は示しつつも、それはグルテンが完全に除去されたわけではない。

小麦タンパクが分解されて、実はNimaを含む従来のグルテンテストでは、検知出来ないくらい小さくなっただけ」とのこと。

つまり、元来のグルテンとしての形は留めていないものの、分解されたグルテンが免疫原性として健在なので、セリアック病の人はやはり避けるべきとのことでした。

ヨネキチ
ヨネキチ
免疫原性というのは、ざっくりいうと免疫を引き起こす性質のものだよ。

小麦やグルテンに対する反応の現れ方は人によって違います。

セリアックの症状もまちまちで、たまに自覚症状のない人もいるくらい。

無自覚のまま身体へのダメージが蓄積されたり、栄養の吸収ができなかったりするので、個人の見解としてはやっぱりセリアックの人は醤油の除去は続けた方がいいと思います。

ただ、このことに関してはアメリカのセリアックコミュニティでも意見は分かれているようなので

ヨネキチ
ヨネキチ
小麦アレルギーにせよ、セリアックにせよ、情報をどう取り扱うかはその人次第。慎重に判断したいよね。

お醤油を除去する理由まとめ

  • 厚生労働省の見解:小麦アレルギーでもお醤油は安全
  • アレルギーテスト会社の見解:お醤油は除去した方がいい
  • 結論:グルテンへの反応の仕方は人それぞれなので、人によって対処法は違う

必要に応じてお医者さんに相談することも大事だと思うので、納得のいく形で自分の食事制限と付き合っていけたらいいですね。

ちなみにセリアックの私は、安全策をとって小麦不使用の「イチビキ」という会社のお醤油を使っています。

イチビキ 小麦を使わない 丸大豆しょうゆ 500ml

イチビキ 小麦を使わない 丸大豆しょうゆ 500ml

300円(02/16 04:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

味も普通のお醤油と変わらないし、比較的手に入れやすくてお手ごろ価格なので、オススメです。

お豆由来やあわ由来のお醤油など、いろいろな種類が売られているので、ご自身でおいしいと思うものを探してみてくださいね。

ヨシオ
ヨシオ
グルテンフリーの基本食材についても読んでくれ、だぞ↓
グルテンフリーの食品・加工品を知って、もっと「食べる」を楽しもう!こんにちは。 セリアック病のヨネキチです。 小麦アレルギーやセリアック病、または美容目的など理由は人それぞれだと思い...

*2017年10月15日の記事に加筆したものを再掲載しています

ABOUT ME
ヨネキチ
セリアック病というグルテンを摂取できない自己免疫疾患のため、意識は低い系なのに毎日グルテンフリーを実践中(^ ^)